3月のお休みについて

3月のお休みは毎週日曜日と
3/3(水)リフレッシュ休暇
3/12(金)~3/17(水)春休み
3/20(土)春分の日
となっております。

なお、日曜補習の代休やリフレッシュ休暇等、お休みに変更がある場合がございます。
詳細は各教室にお問い合わせください。

努力は勝手に報われるのではなく、「報わせる」もの

個別指導塾の学習空間、明石西・高砂教室の板倉です!

初めてブログを書かせていただきます、宜しくお願い致します。

今回は、これまで一緒に勉強してきた生徒の皆さんの中で、特に強く印象に残っている生徒さんのお話をさせていただきたいと思います。

Yさんという、中学3年生の方のお話です。

Yさんとは、彼女が中学3年生の夏休みに初めて出会い、そこから一緒に勉強をすることになりました。
1学期終了時点での通知簿はほぼ「2」。それでも公立高校中堅以上の志望校を掲げて、必死に勉強されました。

Yさんはこれまで勉強の仕方が分からず、どう向き合っていいのか分からないから、勉強から「逃げてきた」とおっしゃっていました。

ここで変わるしかない、と一念発起し、ほとんど毎日のように塾へ通われて、勉強をしていました。

彼女は、自分に合う勉強法を探すべく、様々なことを試しました。

例えば英単語の覚え方について。彼女はまずノートに書きまくって覚え込もうとしましたが上手くいかず、次に小さな手帳サイズのノートに覚えたい英単語のリストを作って勉強していましたが、それでも上手くいかず。

私も思いつく限り単語の覚え方をアドバイスし、「自分に合うやり方を見つけましょう」とエールを送り続けました。

最終的に彼女が選んだのは、覚えたいものを単語カードに書きだして、それを隙間時間にひたすら確認し続ける、というやり方でした。どうやらそれが彼女にフィットしたらしく、彼女はそこからメキメキと実力を伸ばしていきました。

他の科目でも同様に勉強のやり方を見つめ直し、私のアドバイスも参考にしてもらいながら、自分がやりやすい勉強方法を模索しつつ学習を進めました。

彼女はできないからと言って諦めずに、立ち向かっていく方法を常に探し続けていました。

2学期終了時点で、彼女の通知簿からは「2」がすべて消え、「3」と「4」ばかりの通知簿が努力の結果として残りました。

私は彼女の「諦めない心」に、率直な感嘆の念を抱かずにはおれませんでした。

最終的に、彼女は志望校に合格しました。

後日、彼女に「おめでとう!」とお祝いの言葉を述べた際、彼女がこう言ってくれました。

「先生が言ってくれた、努力は報われるまでするもの!って言葉で頑張れた気がします」

正直、私はあまり深く考えずにアドバイスをしたつもりでしたが、「努力は報われるまでする」「努力が勝手に報われるのではなく、報われる時まで努力を諦めない」ことが大切なんだなと逆に学ばせてもらいました。

以上が、私が今でも鮮明に覚えている生徒Yさんとの勉強の顛末です。
このブログをたまたま読んでいただいた方の胸に、何かが残れば幸いです。

これは余談ですが、現在、私はダイエットに励んでいます。

「絶対にやせるぞ!やせるまで努力をし続けるんだ!」という強固な意志を持って、ダブルチーズバーガーとバニラシェイクのMを飲みながら、やせる方法を真剣に考えています。

頑張ります!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

ブログで日本一周 宮城編

12月はぶっ飛ばしてしまいました。
個別指導塾の学習空間 明石魚住・加古川平岡教室の中林です。
気が付いたらもう2月… 光陰矢の如しですね。

皆さん受験モードなブログを書かれているのですが、「ブログで日本一周」第4回をお届けしていきます。
今回は宮城県の魅力をお伝えしていきたいと思います。

自己紹介のブログでもお伝えしましたが、前職では東北の営業担当だったため東北の地にそれなりに馴染みがあるのですが、
実はこの兵庫エリアに来てすぐの頃に宮城エリアへ出張に行っておりました。
それこそちょうど1年前は宮城エリアのお手伝いをしていました。

宮城県の県庁所在地である仙台市は東北随一の地方都市で、仙台駅周辺はかなり賑わっています。
「あれ?ここ梅田かな?」って思うぐらいには商業ビルが立ち並び、車の通りも非常に多いです。
しかし、駅から離れると住宅街が多くなり、さらに内陸部に出ると山道や田舎道が広がっています。
沿岸部では東日本大震災の復興が進んだため道路や建物が一新されており、一方では新しい建物が立ち並んでいるのに対し、他方では古びた建物があるということもあります。
東日本大震災から今年で10年になりますが、完全に元通りとまではいかず、岩手県の沿岸部などではまだ復興のための工事が続いてるところもあり、被害の規模が窺い知れます。

仙台市から少し上っていくと、松島町という町があります。ここは日本三景の1つである松島がある町です。
小さな町ではありますが、観光都市として成立しており、非常に多くの観光客に訪れられています。
松島は多くの小島でできた修景地区です。海岸から見るとただ島が点々としているように見られますが、高台や展望台から眺めると、青い海に宝石が散りばめられたような美しい景色を見ることができます。
前回の岩手県の紹介で、浄土ヶ浜の方が綺麗と言っていましたが、松島も非常に綺麗です。
江戸時代の俳諧師、松尾芭蕉は松島を見て、あまりの絶景に釣り合う句が思い浮かばなかったとか。

さて話は変わりまして宮城県のグルメについてです。
宮城県と聞いてぱっと思い浮かぶものはあるでしょうか。
まず、牛タンが出てくる人が多いのではないかと思います。
発祥は仙台で、もともとは戦後に駐留米軍が牛肉を大量消費する中で、タンが残されているためそれを有効活用しようと始まったそうです。
よく焼肉屋であるような薄いタンではなく、厚切りで食べ応えのあるもので塩味やタレをつけたものを炭火で焼いて出されます。
非常に美味しいです。私は大好きです。

また、先ほどあげた松島の付近では牡蠣の養殖がおこなわれています。
牡蠣といえば広島のイメージですが、実は宮城県は日本で2番目に養殖量が多い県です。まあ量は圧倒的に広島県が多いのですが…
さらに牡蠣の旬は冬のイメージがあるかと思いますが、栄養分をため込んだ春の方がより美味しいです。
生で食べるのももちろんですが、カキフライも美味しいので私は大好きです。

そして最後のご紹介するのは、宮城発祥の郷土菓子として有名なずんだ餅です。
現在では、牛タン、笹かま、ずんだ餅が三大仙台名物と言われています。
ずんだ餅は枝豆をすりつぶして砂糖、塩を混ぜて餡を作り、餅にまぶしたものです。
枝豆と聞いて味の想像がつかない人もいるかと思いますが、さっぱりした甘さと餡の滑らかさが餅とマッチしてとても美味しいです。
私は大好きです。
最近ではずんだシェイクなるものもあるとか。

宮城で指導していたころからもう1年も経ったというのが正直驚きですが、また色々落ち着いたら行ってみたいですね。
今度はゆっくり観光していみたいものです。
それではまた次回。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

さいごはかみにたのむのみ

こんにちは!
学習空間 兵庫エリア 姫路灘教室、飾磨西教室の大野です。

寒さもぐっとまして、この寒さを感じるといよいよ入試が近づいてきたことを感じさせますね…

さて、今日は
ぼくが大学受験の際に行っていたルーティーンをご紹介します。

大学受験の勉強は、今思うとものすごく苦しい時間でした。
朝6時半に起き、夜の10時半まで勉強する。それを6カ月間行いました。
勉強しても根拠のない不安が押し寄せ、12月が最も精神的にしんどい時期でした。
そんなとき、父が「散歩に行こう」と半ば強制的に連れ出されました。
行った先は自宅から3分で着く小さな神社。そこで父からはこんな言葉をいただきました。
「おまえはしっかりと努力している。あとは運だ。運はどうしようもない。だから、毎日勉強の合間にここに来て神に祈れ。残りの一カ月で努力と運の両方を身につけよう。」

他人から見ても努力をしていると思えるなら充分です。
あとは野となれ山となれ。しっかりと神に祈りましょう。
それで自分の理想と違っていてもそこからの人生はきっと充実したものになると思います。

受験生の皆さん、出来る限りのことをしたら、最後は運です。
頑張ってください!

兵庫 :兵庫の塾なら個別指導の学習空間

2月のお休みについて

2月のお休みは毎週日曜日と
2/11(木)建国記念の日
2/23(火)天皇誕生日
となっております。

のり

個別指導塾の学習空間、高砂・稲美教室の馬場です。

もう明日からは2月です。「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」というように、殊に受験生にとってこの三か月は目まぐるしく過ぎていきますね。

さて、今回は2月の風物である節分についてと思ったのですが、一年前に『撒き、巻き』というタイトルで書いていたので、節分にちなんで恵方巻に使われる「海苔」についてのお話です。

「のり」の語源は「ぬるぬるする」という意味の「ヌラ」とされていて、日本では、古くは「紫菜(あさくさのり)」「神仙菜(あまのり)」と呼ばれていました。
平安時代末期には「甘海苔(あまのり)」といい、それを板海苔に成形した「浅草海苔(あさくさのり)」が江戸時代以降に広まったそうです。※諸説あります。

2月6日は「海苔の日」です。これは、全国海苔貝類漁業協同組合連合会が1966年に制定しました。
701年(大宝元年)に制定された大宝律令において、海苔が「諸国指定産物」という年貢として納める海産物の一つとされたことにちなんで、大宝律令が施行された702年1月1日(旧暦)を新暦に換算した2月6日を「海苔の日」としました。また、「海苔」は初春の季語でもあり、2月6日時期にあたります。

今年の恵方は……「南南東!」
受験生の皆さん!海苔を巻いた恵方巻を食べて、合格という恵方(明るい方位)へ進んでくださいね!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

the song of ancients

個別指導塾の学習空間 姫路今宿教室 広畑教室の大山です。

早いもので、今年に入ってからもう一か月が経とうとしています。

受験生は一番頑張らなければならない時期に来ているかと思います。

学習空間でも明日から公立高校入試直前講習がはじまります。

この講習では1日で5教科の模試を実施、その場で各講師が採点をさせて頂き志望校の判定付きでお返しさせて頂くというものです。
返却後、間違いの多かった単元を見直し、翌週以降のカリキュラムに活かしていきます。

この講習で直前期に5教科の合計点数を引き上げることが可能です!!

最後までやり切りましょう!

入試まで我々も全力でサポートさせて頂きます。

学習空間の生徒全員が合格しますように!!

ではまた。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

目標に向けて!

個別指導塾の学習空間、加古川野口・稲美教室の吉田です!

少し遅いですが明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い致します!

皆さんはお正月どのように過ごされていたでしょうか?私はあまり出かけず、基本家で過ごしていました。家ではyoutubeを見たり、マンガを読んだり。少しだらけてしっまているときもありました。笑
ただ去年の12月からダイエットを始めて、そちらは頑張れています!
ダイエットの鉄則を10個決めて、それを絶対破らないように誓いました。

その中でも特にきついのが、揚げ物は絶対にとらないようにしたことでした。私は揚げ物がとても好きなので、これは苦渋の決断でしたが、やせるためには仕方がない…。次に運動をすること。週に4回程度夜に30分筋トレをしました。ほかにもラーメンは週に1回と決め、ここで少し甘さが出た気がしますが、実際のところ2週間に1回しか食べてないので許してほしいです。笑

このダイエットの結果1か月で5kg落とすことができました。目標まではまだ足りないので、ここからもう少しだけ頑張ろうと思います。体調にだけは、気を付けてやっていこうと思います。

また成功したら報告できればと思います。笑

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

あけましておめでとうございます!

個別指導の学習空間、明石西・明石魚住教室の小又です!

2021年最初の更新ということで、

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、挨拶は以上とさせていただきまして、本題のほうに移ります。

本日は成人の日ですね!
今年はコロナウイルスの影響もあり、中止や延期になってしまった地域も多いようです。

私は、はるか昔にこの成人式に出席したわけですが、
やはり高校を卒業して以後は小学・中学・高校と仲の良かった友達たちとも疎遠になっていたので
少なくとも2年ぶりの再会となる人も多かったです。
大学や専門学校で学び続けている人もいれば、立派な社会人になって働いている人もいました。
知らず知らずにそれぞれがそれぞれの道を歩んでいるわけです。
望み通りの道に進んでいる人がいればそうでない人も必ずいます。

では、前者のようになるためにはどうすればよいのか?
それは単純です。
「今」を頑張ることです。
頑張り切るために必要なことは、計画をしっかり立てることです。

あくまで個人的な意見ですが、「やれるだけやろう」という考え方は嫌いです。
自分は常に「ここまでやる!」と決めて行動してきました。
「妥協」「諦め」「限界」などと、いろいろな理由でその日の努力を止めることがあると思います。
ただ、全て決めているのは自分ですよね?
自分で勝手に限界を決め、休もうとしてしまいます。

自分にもそんな時期はありました。そんな自分が情けなく感じました。でも、睡魔や欲求にはなかなか勝てません。
いつしか、そんな自分自身に勝つことが自分の目標になりました。
そこで決めた自分ルールが「ここまでやる!」です!

弱い自分に勝てるなら、誰に負けてもいいと思いながら今まで生きてきました!
もちろん上手くいかなかったこともあります。自分に負けてしまったこともあります。
でも、意識するかしないかだけでも大きく変わってきます。
受験生のみなさん。
誰でもない自分に負けないように残りの期間を大切に使いましょう!

この「今」というのは必ず将来に影響してきます。
後悔しない人生を歩むためにも、今を全力で取り組んでいきましょう!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間