個別指導塾の学習空間、加古川平岡教室、明石魚住教室担当の奥藤です♪

新年、あけましておめでとうございます!!
寒いのか温いのかよくわからない天気が続いている中、骨折して治療中の膝が日々悲鳴をあげていますw
にもかかわらず、初詣で神様にお願いするのはお仕事のことばかり。
膝の事のお願いしとけば良かった(笑)

今年も大変な冬期講習が終わりました。しかし、もっと大変な入試ガチ直前期を控えております。
みなさんは過去問をしっかり使えていますか?
冬期講習に参加してくれた中3の子はみんなわかってくれたと思いますが、過去問は解くだけでは活用度は20%ぐらい。
過去問でできなかった問題1つ1つを丁寧に考え、解けなかった原因に立ち返って解決していくことで初めて本番の点数が上がります。

毎年この時期は、学習空間の先生方が出した目標点と実際に解いた点数に大きく開きがある人がいます。
中には100点とか差がある人もいます。
しかし、ここからの頑張りでそこから逆転合格を果たす人が毎年必ず何人もいます。

そうした子たちに共通して言えることとして、『妥協しないこと』が挙げられます。
大きく成果を上げていく子は鬼気迫る勢いで毎日勉強します。
学習空間の開校とともに入室し、閉校直前まで、ときにはそこから延長して…
そういった勉強の仕方を毎日します。
『これぐらいでいいや。』なんて甘い考えは彼らにはありません。
やればやるほど、不安にせかされ、さらに勉強していく。
でも結果として、それが合格につながっているのだと思います。

やらなきゃいけないことは学習空間の受験生であれば、把握は必ずできているはずです。
ここからの1~2か月ですべてが決まってしまいます。
あなたはどう過ごしますか?
兵庫の塾なら個別指導の学習空間