明石市

人生のメリーゴーランド

個別指導塾の学習空間、姫路今宿教室、広畑教室の大山です。

何度聞いても飽きない、何か感じるものがある曲を作ることが出来る人は本当に天才であると思います。

その発想がどこから生まれてくるのでしょう!?
本当に不思議です。

ピアノを習っている子は一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

さて、ついに今年度も入試直前期を迎えました。

私立高校の入試は終わり、明日、明後日で公立高校の推薦入試が、
その約1か月後には公立高校の一般入試が待ち構えています。

私、自身も10年以上前に高校入試を経験しましたが、その時の記憶は
いまだに残っています。それぐらい大きな経験であったということだと思います。

生徒の皆さんにとっても、初めての大きな壁になるのではないでしょうか。

ここまで来たら、あとは残り数日を走り切るのみであると思います。

最後まで頑張りましょう!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

撒き、巻き

個別指導塾の学習空間、明石西・稲美教室の馬場です。

2月は高校入試・大学入試と、受験の真っ只中ですね!この時期、特に受験生においては、一日一日を大事に過ごしてほしいものです。

さて、2月3日は節分の日でした。みなさんは、節分の日に何かされましたか?
豆撒きをしたり、恵方巻きを食べたり、といったところでしょうか。

豆を撒くのは、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰があること、語呂合わせで「魔目(まめ)」を鬼の目に投げつけて、鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけて、邪気を払い、一年の無病息災を願うという意味合いがあります。
また、かつては、豆の他に、米、麦、かちぐり、炭なども使用されていたそうです。

恵方巻きを食べるという風習は、古くから節分の日に、太巻きを食べる風習はあったものの、それが恵方巻きと呼ばれ、全国的に急速に広まったのは、2000年に入る数年前と、まだ歴史は浅いものでした。
また、「今年はどの方角を向いて恵方巻きを食べるの?」とスマホでも恵方を調べるためのアプリがあるくらい、頭を悩ませる恵方ですが、実は、十干(じっかん)という暦に基づいて決められており、恵方とされる方角は16方位中、4つの方角しかないそうです。
それは、

①北北西やや北  ②南南東やや南  ③西南西やや西  ④東北東やや東

この4つの方位だけです。
ちなみに、2021年は南南東やや南、2022年は北北西やや北、2023年は南南東やや南とのことです。毎年①~④のどれかになるんですね。
そうは言っても、どちらが北か分からなければ意味はないですが……(苦笑)。

冗談はさておき、受験生の皆さんには、合格という恵方(明るい方位)に進まれることを、願っています!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

最後の仕上げ。

個別指導塾の学習空間、明石西、明石魚住教室の小又です!

寒い日が続く中みなさんいかがお過ごしでしょうか?

連日本当に寒い日が続きますね。インフルエンザも猛威を振るい体調管理をしっかりしていかなければと肝に銘じております。
どこの学校も学級閉鎖になっているクラスがあると聞いています。みなさんも気をつけましょう。

先日、高3生はセンター試験を終えました。お疲れ様でした! 満足行く結果を取れた生徒さんもいれば、そうでなかった生徒さんもいます。しかし受験はまだ終わっていません!最後まで気を緩めず、あきらめず、受験という壁を乗り越えて行って欲しいと思います!

中3生も、いよいよ入試直前です!目前に迫る入試を真っ向から受け止め、必ず合格を掴み取ってもらいたいと思います!

私立入試、推薦入試のために面接の練習にも全力を注いで下さい!

1ヵ月間ですら何かに全力を注げない人は、この先何をやっても絶対にうまくはいきません。
大事な事なのでもう1度言いますが、絶対にうまくいきません。

もちろん私は全力でサポートして行く所存です。

中1、2年生も学年末テストが少しずつ近づいてきています。
範囲も広いし、副教科もあるし、内容も難しい。。。

まさに年度最後のラスボスです。
一緒に討伐するために、今からの準備を怠らないようにしましょう!!!

何回も言いますが、くれぐれもインフルエンザには気をつけ、うがい手洗いを忘れずに行きましょう!!

インフルエンザ断固拒否!!
兵庫の塾なら個別指導の学習空間

個別指導塾の学習空間、加古川平岡教室、明石魚住教室担当の奥藤です♪

新年、あけましておめでとうございます!!
寒いのか温いのかよくわからない天気が続いている中、骨折して治療中の膝が日々悲鳴をあげていますw
にもかかわらず、初詣で神様にお願いするのはお仕事のことばかり。
膝の事のお願いしとけば良かった(笑)

今年も大変な冬期講習が終わりました。しかし、もっと大変な入試ガチ直前期を控えております。
みなさんは過去問をしっかり使えていますか?
冬期講習に参加してくれた中3の子はみんなわかってくれたと思いますが、過去問は解くだけでは活用度は20%ぐらい。
過去問でできなかった問題1つ1つを丁寧に考え、解けなかった原因に立ち返って解決していくことで初めて本番の点数が上がります。

毎年この時期は、学習空間の先生方が出した目標点と実際に解いた点数に大きく開きがある人がいます。
中には100点とか差がある人もいます。
しかし、ここからの頑張りでそこから逆転合格を果たす人が毎年必ず何人もいます。

そうした子たちに共通して言えることとして、『妥協しないこと』が挙げられます。
大きく成果を上げていく子は鬼気迫る勢いで毎日勉強します。
学習空間の開校とともに入室し、閉校直前まで、ときにはそこから延長して…
そういった勉強の仕方を毎日します。
『これぐらいでいいや。』なんて甘い考えは彼らにはありません。
やればやるほど、不安にせかされ、さらに勉強していく。
でも結果として、それが合格につながっているのだと思います。

やらなきゃいけないことは学習空間の受験生であれば、把握は必ずできているはずです。
ここからの1~2か月ですべてが決まってしまいます。
あなたはどう過ごしますか?
兵庫の塾なら個別指導の学習空間

明けましておめでとうございます。

個別指導塾の学習空間、加古川平岡教室、プロ家庭教師担当の山田です。

 明けましておめでとうございます!
楽しいお正月が終わりました。どんな過ごし方をされましたか?
私は何もせず寝る。または正月特番を見るという生活を繰り返していました。
去年を振り返ってみるとたくさんの出来事がありましたね。
私が去年一番よかったなと感じたのはラグビー・ワールドカップです。
試合を見に行ったわけではないですがテレビで見てすごく感動しました。
流行語大賞「ONE TEAM」いつの間にかたくさん口に出していたように感じます。
今年はオリンピックが開催されるのですごく楽しみです。
今年の流行語大賞もスポーツの言葉になるのではないかなとひそかに予想しています。
楽しみですね( *´艸`)

 さていよいよ受験シーズン到来です。本来の力を出せるように最後の最後まで全力でやりきって欲しい。
私は生徒に心からそう願っています。
生徒との距離が近く勉強の事はもちろんのこと、学校の話だったり、流行りの事だったり楽しい時間を過ごせた濃い1年間でした。
去年は本当に生徒からいろんな事を学びました。感謝でいっぱいです。
今年も生徒と共に成長していけるよう精進していきます。
生徒に対して私が教えれることを最後の最後までやり切りたいと思います。
一緒に頑張っていきましょう!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

年越しうどん

個別指導塾の学習空間、明石西・稲美教室の馬場です。

今年も残すところ、あと数日となりました。皆さんにとって、今年はどのような年だったでしょうか。良いことがあった人、辛いことがあった人、いつもと同じかなという人、様々だと思います。

私も大晦日の夜には「この一年、いろいろとあったな」と考えながら、毎年、年越しそばならぬ年越しうどんを食べています。
ただ、食べているときに、ふと頭を過るのは、「なぜ年越しそばなのか?なぜ、うどんやラーメン、そうめんなどではないのか?」ということです。

『そばは細く長いことから、延命・長寿を願った』という説や『家族の縁が長く続くように願った』という説など、その年に良いことがあった人ならまだしも、辛いことがあった人はどうなの……と思い調べていると、『そばが切れやすいことから、一年間の苦労や困りごとを、切り捨て翌年に持ち越さないよう願った』という説もありました。
昔からの慣習って、様々な立場の人に合った解釈があり、なかなか考えられていて面白いなと思いました。(笑)

さて、年が明ければ、受験生は入試を迎えます!自分の目標に向けて、これまで準備してきたことを、しっかりと発揮するためにも体調管理にはくれぐれも気をつけてください!
また、「来年のこと、まだ何も考えていないよ」という人は、大晦日に年越しそばを食べて、来年の目標を考えてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、うどん県(香川県)出身の私は、当然、年越しうどんを食べますが……(笑)

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

Aフライト

個別指導塾の学習空間、姫路今宿教室、広畑教室の大山です。

今年も気が付けば、残り2週間ほどですね。
例年通りあまり寒くない12月でまだ冬であるという感覚がイマイチ無い中、
年越しを迎えそうです。

年が明ければ、いよいよ受験ですね。
多くの生徒が、必死にがんばっておりサクラサク春を夢見て頑張っていることと思います。

第一志望校に合格して、高校や大学に入り更に人間的にも学力的にもレベルアップ
していくのだろうなと思います。

ここで唐突ですが、

「アリの法則」というのを聞いたことはありますか?

アリというのは女王アリのためにエサを取ってきたり、巣を掃除したり熱心に働くというイメージがるかと思います。
しかし、そんな働き者のアリでも、実は全員がまじめに働いているとは限らず、およそ2割は怠けてしまい一切働かない
といわれているのだそうです。

そしてそれは人間社会にも当てはまるというお話です。

普段の生活のある集団(例えば、学校のクラスや部活動など)のうち2割は怠け者で積極的に働かず、また別の2割は
積極的に動く働き者で、残りの6割は働き者の2割について行くという構図になるのだそうです。

しかも怠け者の2割をその集団から追い出したとしても、その中でまた2割の人が怠けものに、6割の人がついて行き、
2割の人が積極的に動くという先ほどの構図になってしまう。
つまり、どんな集団でも「働く2割」、「ついて行く6割」、「怠ける2割」になってしまうそうです。

これから、進学して新たな集団に入ったとき、常に「積極的に動く2割」であり続けることができるでしょうか。

常に、働き続けるのがいいのか、積極的に動くのがいいかどうかは色々意見があるかと思います。

ですが、生活の中の何かに対して、
例えば、学生なら部活や勉強や、もしかしたらアルバイトや習い事などなど、
について全く向上心が無いのはもったいないなと思います。

サクラサク春の後も新しい種を撒いて育てて欲しいと思います。

少し先のお話になってしまいましたが、まずは受験ですね。
この冬を乗り越えましょう!!

では、このあたりで。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

インフルエンザ…

個別指導塾の学習空間、明石西・明石魚住教室の小又です!

期末テストも終わり、もうすぐ冬休みですね!

楽しいクリスマスや年末年始が待ち遠しい人もいれば。
入試や冬期講習に怯えて「時間よ止まれ!」と思っている人もいるでしょう。笑

この時期はみんな体調を崩します。
ついに生徒にもインフルエンザでお休みすると言う連絡を頂いてしまいました。。。

ブログを読んでいるそこの君!
予防接種には行きましょうね。特に受験生は。

自分も最近喉の調子が悪い時があるので、今回は自分がしている対策を紹介します。

まずは朝起きた時に緑茶でうがいします。
昔誰かから聞いたのか、テレビで見たのか忘れましたが、喉が痛くなったらよくやります。
調べてみると緑茶に含まれるカテキンという成分が、予防に有効である可能性があるらしいです。
また、うがいでなく、毎日緑茶を飲むことが良いそうです。(そうだったのか…)

次に寝るときに暖房器具を使うのですが、喉を乾燥させないために枕元に少し濡らしたタオルをハンガーにかけてぶら下げています。
帰宅時間が深夜3時4時ということがよくあるので、この時期寝室が極寒になっています。

なので、暖房(エアコン)を入れるのですが、そのまま寝てしまうと喉に大ダメージを負ってしまいます。
そこで加湿のために、枕元に程よく濡らしたタオルをぶら下げています。
風邪などの予防に効果があるかは分かりませんが、これをすることで喉の痛みからは解放されました。

以上2点、参考になるかどうかわかりませんが、皆さんもしっかりと対策してこの時期を乗り越えていきましょう!
ではお元気で!!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

面倒くさい

個別指導塾の学習空間、兵庫エリア長の藤島です☆☆

『面倒くさい・・・』

人の一生で、沸き起こる感情上位に来る言葉です。笑

実は大人も一緒なんですよ。

しっかりしているように見える人でもそういう感情は沸きます。

その感情を心の片隅に置いて動くことができる、これは当たり前ではなくすごいことなんですよ。

人は慣れる生き物。面倒でもやらなければいけないことをいかに自分の生活のルーティンに組み込んでいくのかということが大切です。

逆にまあいいかと思えば 色んなことをやらない人間になっていきます。その場は楽でも後で必ず怒られる、誰かに。信用を失う。後悔する。それを挽回するのは大変。

どちらが 最終的に 楽ですか? 得をしますか? 

誰かに言われたから動くのではなくしっかり考えて動く、最後の最後は自分で一歩踏み出すしかないんです!

中学2年生から高校の1年生まで 

『なんで勉強すんの? 勉強しても意味がない、将来絶対使わないと断言できる!』
と愚痴ばかり吐いた私は

高2になったとき
『勉強を 精一杯、もうこれ以上できないってくらいしてから 本当にやって意味がないのかどうか考えよう。』と思うようになりました。何もやっていないのに愚痴ばかり言っている自分に嫌気がさしました。

必死でやったら200番くらいから10番以内に入るようになりました。

できないときも 頑張ったこともある私から一言アドバイスです。

勉強は

絶対やった方がいい。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

ハロウィンの起源

個別指導塾の学習空間、明石西教室・稲美教室の馬場です。

10月31日はハロウィンでしたね。
みなさんは、ハロウィンと聞くと、仮装してパーティーしたり、お菓子をもらうことをイメージするのではないでしょうか。
また、ハロウィンの飾りつけにカボチャをくり抜いて作ったランタンを目にしたことがあるかもしれません。

本来、ハロウィンとは、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのことで、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でした。
ケルト人の一年の終わりは10月31日で、この夜は秋の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。
また、それと同時に出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために、カブをくり抜いた中にロウソクを立てた「ジャック・オー・ランタン」を作りました。
※諸説あります。

しかし、現代では、特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなりました。
また、私がみなさんくらいの頃には、今ほどのハロウィンでの賑わいはなかったように思いますが……。(苦笑)

さて、そんなお祭りも終わり、冬の足音が聞こえてくるような時季になりました。夜が長くなり、勉強?していると、ついつい夜更かしが過ぎることもあるかもしれませんが、風邪をひかないようにご注意くださいね!(笑)

兵庫の塾なら個別指導の学習空間