家庭教師

かき氷

個別指導塾の学習空間、学プラ・稲美教室の馬場です。

7月も中旬となり、昼夜問わず暑い日が続くようになってきました。先日は、朝から蝉が鳴いているのを聞いて、「夏だなぁ~」と感じ入った次第です。

さて、そんな暑い夏に欠かせない?ものが、アイスやかき氷かと思います。そこで、今回は「かき氷」にまつわるお話です。

「かき氷」という言葉は、「欠けた氷(かけごおり)」が由来で、冷蔵庫のない平安時代に氷室(ひむろ)という低温の場所で保管された、欠けた氷を使って作ったのが始まりとされています。※諸説あります。
当初は、「欠氷」と表記されていましたが、マイナスなイメージになることもあり、「欠」を使わずに「かき氷」と表記するようになりました。
また、かき氷は古くから暑さをしのぐための食べ物として食べられました。

平安時代、清少納言が書いた『枕草子』には、「削った氷に甘い蜜をかけたもの(=かき氷)」と書かれています。今日では氷は簡単に手に入りますが、平安時代は氷室を使い、手間暇をかけて作られた高価なもの。一部の上流階級者しか手に入れることができませんでした。氷が世間一般に知られるようになったのは、幕末から明治時代にかけてのことで、実業家の中川嘉兵衛が、天然氷の採氷、製造をビジネスにつなげて、函館の五稜郭で製氷に成功したことでした。その製氷された氷は、函館で作られたこともあり、「函館氷」と名づけられました。また、嘉兵衛は製氷する機械も提案していました。

この氷ビジネスにより、多くの製氷店ができ、それに伴い、かき氷を提供するお店も誕生することとなりました。かき氷の味はというと、戦前は、みぞれや金時が定番で、戦後の高度経済成長期になると、戦前からのメニューの他にもレモンやいちごといったものも登場しました。

暑い日にかき氷を食べる。そんなことができるのも、昔の人の努力の賜物ですね。
努力は決して裏切りません!
この夏、みなさんはどんなことに努力されますか?

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

2020年

個別指導塾の学習空間、兵庫エリア長の藤島です☆

今年も残すところあと少しとなりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

2020年は新型コロナウィルスという目に見えぬ脅威に怯え、対処しながらの1年でした。

そしてまだその脅威は去っていません。今この瞬間もコロナと戦う医療従事者の方がいます。

一刻も早いワクチンの普及、新型コロナウィルスの終息を本当に心から祈っております。

学習空間でも徹底したコロナ対策を取り指導に当たって参りました。

大切な生徒様、大切な兵庫エリア講師達を感染させてはいけないと,できる限りのことをし、声掛けをしてきました。

今のところ兵庫エリアでは生徒様、講師共に感染者の声は聞いていません。皆さんのコロナ対策に本当に感謝です。

来年も引き続き油断せずコロナ対策をして行こうと思います。年明けにまたコロナ対策のお知らせをさせて頂きます。

コロナ渦でも良いこともたくさんありました。生徒様の笑顔がありました。来年も学習空間は1人1人の生徒様に親身になり1人1人に寄り添う塾であり続けます。

年が明けたらいよいよ受験がやってきます。大変な時は決まってこう思うようにしています。

『今、やらなければいけないことを全力でやるだけだ』

特別なことはできません。焦らずやるべきことをやるだけです。

来年も気合い入れて行きましょう!

皆さま、くれぐれもお体には気を付けて、ご自愛ください。

それでは良いお年しをお迎えくださいませ☆

http://hyogo.gakushu-kukan.com/

20周年

個別指導塾の学習空間、姫路今宿教室、広畑教室の大山です!

ここ最近、ずっと雨ですね。

天気予報を見てもぐずつくお天気の毎日。

梅雨の真っただ中ですね。

私が小学生の頃の梅雨はしとしと弱い雨が降り続くイメージでしたが、
最近の梅雨はびっくりするくらいの量の雨が短時間に降るという怖いものになっています。

先日、教室に向かう途中に加古川を見ましたがものすごい水の量でした。
その時、雨は降っていなかったのに。

川には近づかないようにしましょう。

雨が降っていなくても、川の上流で雨が降っていたら、
アッという間に増水するみたいなので。

そんな中、期末テストが近づいてきている学校がたくさんあります。

勉強は晴れの日よりも雨の日の方が集中できるみたいです。

そういう意味ではちょっとだけプラスかもしれません。

テストがすぐ目の前に迫っている生徒もいると思います。

最後まで、出来ることを精一杯やっていこう!

良い結果が残せますように!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

徐々に、徐々に

個別指導塾の学習空間、姫路今宿教室、広畑教室の大山です。

なぞの肺炎が世界的に流行しだして、2、3か月くらい経ったでしょうか。
いよいよというか、やっとというか、学校が徐々に再開されてきています。

今までにない長期のお休みを経験しましたね。
私が生きてきた中で、学校含め社会の機能がここまで停止したのを
経験したのははじめてです。
予想外の連続でした。。。

また学校再開に対しての生徒みんなの反応はさまざまでした。

もうお休みに飽きた、学校が再開されてうれしいという声と、
まだまだ休みたい学校に行きたくないという声と。

いずれにしても、少しずつ元の生活に戻っていくのかと思います。

お休みで生活習慣が少し乱れてしまった子もいるかもしれません。
徐々に規則正しい生活に戻していこう。
近々、テストも実施されるかもしれません!!

学校は再開されましたが、引き続き感染の予防には意識を高く持っていきましょう。
マスク着用、手洗い、換気等ですね。

もちろん我々講師も今まで通り感染の予防に全力を尽くしていきます。

このまま収束できるように、みんなで意識していきましょう。
どうかこのまま収まってくれますように!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

公立高校入試前日

個別指導塾の学習空間、姫路灘・飾磨西教室の谷口です!
題名は仰々しいものですが、
普通これを見る頃には入試が終わってるはずなので←、
あまり深くは書きません。
 
 
いよいよ明日が公立高校入試となりました。
これまでの自分の頑張りを信じて、
今できる最大限の力を発揮できるように暗示をかけていきましょう!
 

もちろん当日はその志望校を受ける生徒がたくさんいるぶん、
周りの子たちが賢く見えるのも仕方のないことです。
ただそれはみんな同じ。
そのようななかでも動じずに自分をちゃんと持って臨める人が強いです。
みんなが志望校に合格することを願っております。
 
 
 
さて、世間ではコロナウイルスが猛威を振るっており
休校措置や特例により
学校は休みになり、卒業式などの式典は軒並み極端な圧縮をされ、
大学に関しては場所にもよりますが
入学式が中止のところもあるようです。
 
兵庫県でもそれなりの数の罹患者がいらっしゃるので他人事ではありません。
 
生徒と話す限りでは
遊びに行ってきた、とか打ち上げしてきた、
平日の昼に家におってもしゃーないやん?
とか生徒から多く聞きます。
 
確かにそうかもしれませんが(笑)、
かかってしまうとそれこそヤバいので
危機感をもって過ごさないといけません。
 
 
今年度の卒業生は思い出としては
記憶に残りにくい3月になってしまったことだと思います。
 
あまりに特殊なケースなので、
今後もある意味では語り草になるかもしれませんね。
 
こんな状況下でも何かを楽しみながら過ごせるように
日頃から何事にも興味を抱いておきましょう!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

今しかできない事

個別指導塾の学習空間、加古川平岡教室、家庭教師の山田です。

二月も終わりに近づき、春が来ようとしています。
皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。
寒い日が続き、家でゆっくりされている方も多いのではないでしょうか。

私は仕事から家に帰った後、また休みの日は必ずYouTubeを見ます。内容はすべてプロ野球。
大のオリックスファン。特に吉田 正尚選手の大ファンです。
今、どのチームもキャンプインして九州で練習・試合を行っています。
厳しい練習や楽しそうに野球をしている選手を見ると野球したいな、ソフトボールしたいなと常々感じます。

私は小学3年生から野球を習い始めました。その時の夢はもちろんプロ野球選手。
ただこの夢は実現できない。そう感じたのは小学4年生。すごく早かった、、、
今でも本当に野球が好きで、
もしあの時、最後まであきらめなければ・・・、何か変わったかも・・・
と後になって後悔したことは数えきれない程ありました。

これは受験と同じなのではないかと思います。あの時もっと勉強やっておけば、、、
後悔がないようにするには今、できることを全力でするしかありません。
勉強が嫌い、苦手な教科はしたくない。
そう思うかもしれないですが今しかできない事だとわかって欲しい。
受験生、最後まで頑張ってください!応援しています!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

年齢の影響

 
個別指導塾の学習空間、姫路灘・飾磨西教室の谷口です! 
 

最近は寒さに加えてぐずついた天気で
過ごしにくい日々が続いてますね。
洗濯しても乾くまでに2~3日かかることもザラですし、冬の雨は乾燥が防げること以外では良いことないですね。
寒くても良いので早く好天になってほしいものです。
 

さて前置きはこれぐらいにしておいて本題に移ります。
ここからは私事ばかりです。笑
 

私は20代後半に差し掛かったばかりの若輩者ではありますが、
この年齢にして「体重が減りにくい」ことを実感し始めてしまいました(笑)
中学や高校のときとかは放課後の部活(陸上部)だけで、
毎日何かしらのお菓子を食べていた&
食べてたご飯の量が尋常でなかったのにも関わらず
体重は増えることなく、
ましてや夏に関してはそれでもゴリゴリに減っていくので、それを防ぐためにたくさん食べていたのに
 
  
あれからx年
サウナスーツ着て走ったりして、
当時と比べると食べる量が半分ほどになったにも関わらず
なかなか体重が減らない。笑
減らすことが正義というわけではないですが、
年末年始にたくさん脂肪を蓄えてしまって
個人的なベスト体重まで遠ざかってしまってるので
 
筋肉量は減らさないように考えながら
無理のないように絞っていきたいと思います。
 

今は太らないからといってばくばく食べていると
数年後は恐ろしいことになってるかもしれませんよ!
 
 

ダイエット、減量の際には食事を抜かなければならないと考えてる人が一定数いますが、
不健康なやり方だと私は思っているので
適度に食べてちゃんと運動して
健康的に脂肪を削っていきましょう!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

明けましておめでとうございます。

個別指導塾の学習空間、加古川平岡教室、プロ家庭教師担当の山田です。

 明けましておめでとうございます!
楽しいお正月が終わりました。どんな過ごし方をされましたか?
私は何もせず寝る。または正月特番を見るという生活を繰り返していました。
去年を振り返ってみるとたくさんの出来事がありましたね。
私が去年一番よかったなと感じたのはラグビー・ワールドカップです。
試合を見に行ったわけではないですがテレビで見てすごく感動しました。
流行語大賞「ONE TEAM」いつの間にかたくさん口に出していたように感じます。
今年はオリンピックが開催されるのですごく楽しみです。
今年の流行語大賞もスポーツの言葉になるのではないかなとひそかに予想しています。
楽しみですね( *´艸`)

 さていよいよ受験シーズン到来です。本来の力を出せるように最後の最後まで全力でやりきって欲しい。
私は生徒に心からそう願っています。
生徒との距離が近く勉強の事はもちろんのこと、学校の話だったり、流行りの事だったり楽しい時間を過ごせた濃い1年間でした。
去年は本当に生徒からいろんな事を学びました。感謝でいっぱいです。
今年も生徒と共に成長していけるよう精進していきます。
生徒に対して私が教えれることを最後の最後までやり切りたいと思います。
一緒に頑張っていきましょう!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

もう24回寝るとお正月

個別指導塾の学習空間、姫路灘・飾磨西教室の谷口です!

12月がスタートしてから早くも1週間が経ちましたね。
今日(8日)を含めるとあと3週間強、
日数にしてあと25日で2020年になります。
みなさんは2020年、楽しみですか?

私はというと、楽しみでしかありません。
それは…東京オリンピックのチケット
(しかも私が15年やってる陸上の専門種目)
に当選し、現地観戦ができるからです。
オリンピックの現地観戦は一生に1回あるかないかので奮発して一番良い席を申し込みました。笑

それ以外にも色々ありますが、キリの良い年なのでどんな年になるのか今の時点でワクワクしてます。

ちなみに20年前の2000年になる年は
私はまだ小学校低学年ではあったんですが、
千の位が変わるということもあり
年末は異様な雰囲気だったのは記憶しています。
私は「2000」と模されたピカチュウの紙眼鏡をかけてたような気がします。笑

そこから早20年。
私はまだポケモンとの縁は続いています。笑
11月15日に「ポケットモンスター ソード・シールド」が発売され
当然のように発売日にダブルパックで購入、
進捗を聞いてきた生徒もドン引きするレベルで現在進行形でやり込んでます。笑
ちなみに今はポケモン図鑑完成と
カレー図鑑完成に向けて
奮闘しております。

余談ですが私はポケモン銀からポケモンの沼にはまり
そこから21年。
ポケモンと一緒に育ってきたといっても過言ではないかもしれませんね。笑
ちなみに陸上は15年なのでまだまだです。

私はポケモンと陸上に長くお世話になってますし
これからも継続するつもりでいますが、
みなさんも今やっている、もしくは
これから先に新しく始めることが
自分自身にとって切っても切れないものになってくるかもしれませんよ。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

面倒くさい

個別指導塾の学習空間、兵庫エリア長の藤島です☆☆

『面倒くさい・・・』

人の一生で、沸き起こる感情上位に来る言葉です。笑

実は大人も一緒なんですよ。

しっかりしているように見える人でもそういう感情は沸きます。

その感情を心の片隅に置いて動くことができる、これは当たり前ではなくすごいことなんですよ。

人は慣れる生き物。面倒でもやらなければいけないことをいかに自分の生活のルーティンに組み込んでいくのかということが大切です。

逆にまあいいかと思えば 色んなことをやらない人間になっていきます。その場は楽でも後で必ず怒られる、誰かに。信用を失う。後悔する。それを挽回するのは大変。

どちらが 最終的に 楽ですか? 得をしますか? 

誰かに言われたから動くのではなくしっかり考えて動く、最後の最後は自分で一歩踏み出すしかないんです!

中学2年生から高校の1年生まで 

『なんで勉強すんの? 勉強しても意味がない、将来絶対使わないと断言できる!』
と愚痴ばかり吐いた私は

高2になったとき
『勉強を 精一杯、もうこれ以上できないってくらいしてから 本当にやって意味がないのかどうか考えよう。』と思うようになりました。何もやっていないのに愚痴ばかり言っている自分に嫌気がさしました。

必死でやったら200番くらいから10番以内に入るようになりました。

できないときも 頑張ったこともある私から一言アドバイスです。

勉強は

絶対やった方がいい。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間