学習空間

つゆ

個別指導の学習空間、明石西・稲美教室の馬場です。

5月も終わりに近づき、いよいよ6月からは、新学年での学校も本格的にスタートできることを、心待ちにされているのではないでしょうか。

さて、そんな6月と言えば、雨がよく降る梅雨の時期ですね。「梅雨」という言葉は、江戸時代に中国から日本へ伝わった言葉で、中国では「ばいう」と呼ばれていますが、日本では「つゆ」という呼び方が広がりました。では、なぜ日本では「つゆ」と呼ばれるようになったのでしょうか?

まず、この時期は、梅が熟す時期で、梅の実が膨らむことを「つはる」ということや梅の実が熟し、熟した梅の実が木から落ちて潰れる様子を「潰ゆ(つひゆ)」ということから「つゆ」と呼ばれるようになったという、由来が梅に関係するものです。
次に、この時期は、雨が続き、湿度が高いため、カビが生えやすく、食べ物が傷みやすくなることから「無駄になる」「費える」ということを「費ゆ(つひゆ)」ということから「つゆ」と呼ばれるようになったという、由来が梅に関係しないものです。
どちらも、季節を感じることが、呼び方の起源になっていることに、昔の人の風情を感じますね。
※他にも、諸説あります。

また、日本の中で梅雨にならない地域があることを知っていますか?
その地域とは……

北海道と小笠原諸島です。

梅雨には、梅雨前線と呼ばれる停滞前線の北上が関係しています。
※中学2年生の理科で「天気」は学習します。
北海道には、梅雨前線が7月後半に近づいてきますが、その頃には気温の上昇により、前線が北海道に届く前に消えてしまう、または、届いても6月のように活発ではなく、梅雨と呼ばれるような大量の雨が続くことは少ないことが理由です。
小笠原諸島は、亜熱帯に属しているため、年間を通して温暖で夏と冬の気温差が少ない地域であること、また、梅雨前線が小笠原諸島よりも北側から現れることが理由です。

このように、私は、外出自粛の期間中、気になることを調べたり、家の中で今までできなかったことに挑戦したりと、ぼーっとすることやゲームをすることだけではなく、『何をしたら楽しく過ごせるかな?』と考えて、過ごしていました。
これから梅雨になると、雨で家にいる時間も、また長くなると思います。今回の自粛期間中の経験を、今年の梅雨の過ごし方に生かしてみてはいかがでしょうか。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

GW…….悲

個別指導塾の学習空間、明石西教室・明石魚住教室の小又です!

みなさんGWは楽しめましたか?
楽しんだ人はもちろんお家で楽しんだですよね?
教室で生徒に聞いてみると、外で遊びたい気持ちをグッとこらえてお家で過ごしていたようです。

素晴らしい!!!

落ち付いてくる事を信じて、お盆休みまでみなさん我慢しましょう!

さて、、、現時点では6月から学校が再開する予定の学校が多いようです。
どのようになっていくか分かりませんが、今できることをしっかりやりましょう。

何もなければこの時期は、一学期の中間テストです。
学校がもしあれば、必死になって勉強しているでしょう。
特に受験生は内申点をとるために、毎日必死に塾に来て勉強しています。

今年の受験生のみなさんは家にいるときにしっかり勉強できていますか?
ただ家でゆっくりとしていると冬に泣きます。絶対何人かいるはずですよ!
今頑張っている受験生は安心して下さい。周りとの差がどんどん開いていきますよ!

何をすればいいか分からない子は、是非教室の先生に相談しましょう!
可能な限り、全力でサポートしていきますよ!!!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

読書のススメ

個別指導塾の学習空間、広畑・加古川南教室の久保です!

コロナで学校がなかなか始まりませんが、皆さん家にいる間は何をしているでしょうか?
このブログでも色々な過ごし方を紹介している先生方がいらっしゃいます。

今回私からは読書をお勧めしたいと思います。

普段通り学校の授業があれば、毎日国語や英語の授業で本を読む機会は少なくともあると思いますが、今はおそらくそういった機会はないと思います。
外に出ていくこともなかなかできないので、この際家で本を読んでみてはどうでしょうか?
学校にもよりますがゴールデンウィーク明けの課題に読書感想文が出されたところもあります。
課題の有無に関わらず読書はおすすめです。

本を読むのが好きな人は思い切っていつも読まないジャンルの本に挑戦してみたり、あまり本を読まない人は手元にある学校の教科書とかでもいいと思います。
家にある本で一度読んだ本をもう一回読み直すのもありです。
また普段から本を読むのが好きな人であれば1日~2日で1冊、あまり本を読むのが得意でない人は1週間で1冊というように自分の中で目標を作ってみてはどうでしょう。

本を読むときに分からない言葉や読み方が分からない漢字が出てくることもあると思います。
そういったものを辞書で調べるのも読書の楽しみですね。
紙の辞書を使って自分で調べた言葉はなかなか忘れないですし、是非ともやって欲しいです!

今図書館や本屋さんは開いていないところが多いですが、ネット(Amazonとか)を利用すると一般書ならば割とすぐに届きます。(教材とかは売り切れてることがあるのですぐには届かないことがあります)
また広畑教室の生徒さんならわかると思いますが、教室に大量に本(実は参考書以外もあったりします)を置いてあるので、もし読みたいものがあれば先生に声を掛けてくれれば貸し出しもしますよ!
お勧めの本なども聞いてくれれば教えるので、待ってますね!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

桜あんぱん

個別指導塾の学習空間、明石西・稲美教室の馬場です。

4月になり、新生活のスタートに、喜びや期待、戸惑いや不安など、想いも様々というところでしょうか。また、新しいことを始めるには、それなりのエネルギーが必要ですね。

さて、今回はある食べ物にまつわるお話です。
みなさんは、4月4日が「あんぱんの日」であることを知っていますか?明治8年(1875年)4月4日に、明治天皇に仕えていた山岡鉄舟により、木村屋のあんぱんが明治天皇に献上されたことが由来となり、平成13(2001年)4月4日に制定されました。

パンが日本に伝わってきたのは、安土桃山時代で、ポルトガル人によってもたらされました。当時のパンはビスケットのように固くてパサパサしており、米や玄米を主食としていた日本人には、あまり浸透しませんでした。また、江戸時代には幕府の命令で、兵糧として、現在の乾パンやビスケットのような固いパンが作られていたそうです。そのため、明治時代に、政府が西洋の政策や文化を取り入れた際、洋食は広まりましたが、パンを食事にすることは、まだ普及しませんでした。

しかし、そんな日本にパン食を広めようと、明治7年(1874年)に、木村安兵衛と次男の英三郎によって考案されたのがあんぱんでした。日本人に受け入れられるパンを作るために、試行錯誤し、日本に昔からあった酒饅頭を参考に、酒種(さかだね)という天然酵母を使って、ふんわり柔らかいパンを作り、日本人に馴染みのあるあんこを包んだ、おやつ感覚の「酒種あんぱん」を作りました。この「酒種あんぱん」が、現在のあんぱんの起源と言われています。※諸説あります。
また、明治8年4月4日、明治天皇が東京向島にある水戸藩のお屋敷でお花見をされた際に、お茶菓子として献上されたものが、木村屋の「桜あんぱん」でした。明治天皇は大変喜ばれ、木村屋の名前はあんぱんとともに日本中に広まっていきました。明治30年(1897年)頃には日本各地であんぱんが流行し、木村屋では1日10万個以上のあんぱんが売れたそうです。

新しいことを始めるには、発送や工夫、そして実行が必要です。また、それには相当のエネルギーも必要です。しかし、それは経験という自分自身の糧となり、また新たな挑戦につながります。

春はスタートするのによい季節!何か目標を持って始めてみては?(笑)

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

高校に向けて!

個別指導塾の学習空間、加古川野口・稲美教室の吉田です!

中学3年生の皆さん受験お疲れさまでした!
直前に毎日頑張って勉強している姿はとてもかっこよかったです!
高校でもその頑張りを生かしてください!

しかし高校に合格したからといって油断してはいけません!

高校の勉強はさらに大変なものになります。数学はⅠとAに分かれますし、英語も2つに分かれます。さらに理科は、生物・化学・物理と3つに分かれます!
内容もより難しくなってくるので今のうちから予習しておくことが大切です。

私も高校に入って出鼻をくじかれたものです・・・。
私はもともと英語が苦手だったので、ついていくのが本当にたいへんでした。
しかし、一人の先生と出会い、苦手だった英語を克服することもできました。
分かりやすい文法の覚え方などを教えてもらい、長文のコツもつかむことができました。

皆さんも学校での出会いを大切にして、勉強を頑張ってください!!

皆さんが充実した高校死活を送ることができるように祈っています!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

新年度スタート!

個別指導塾の学習空間、明石西教室・明石魚住教室の小又です!

入試も終わり、いよいよ新年度ですね!
受験生の皆さん、本当にお疲れさまでした。最後まで本当によく頑張ってくれてました!
このつらい日々から逃げ出さず、最後まで戦い抜いた経験は、きっとこれからの人生の中で大きな糧となるはずです。
新生活が始まるまであとわずかだと思いますが、これまで我慢してきた分、全力でやりたいことをやって、英気を養って下さい。

そして今年度から、受験生になる皆さん、これから長い戦いが始まります。
まずは新学期、最高のスタートが切れるよう休み明けのテストに向けて、これまで習ってきた分野をしっかり復習していきましょう!
1学期でどれだけ内申点がとれるかが非常に大切です!

また高校3年生になる皆さんは、課題に追われるだけでなく、+α受験に向けて日々積み立てていけるような勉強を始めていきましょう!

一年後のこの時期を笑顔で迎えられるように、全力でサポートしていきたいと思います。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

公立高校入試前日

個別指導塾の学習空間、姫路灘・飾磨西教室の谷口です!
題名は仰々しいものですが、
普通これを見る頃には入試が終わってるはずなので←、
あまり深くは書きません。
 
 
いよいよ明日が公立高校入試となりました。
これまでの自分の頑張りを信じて、
今できる最大限の力を発揮できるように暗示をかけていきましょう!
 

もちろん当日はその志望校を受ける生徒がたくさんいるぶん、
周りの子たちが賢く見えるのも仕方のないことです。
ただそれはみんな同じ。
そのようななかでも動じずに自分をちゃんと持って臨める人が強いです。
みんなが志望校に合格することを願っております。
 
 
 
さて、世間ではコロナウイルスが猛威を振るっており
休校措置や特例により
学校は休みになり、卒業式などの式典は軒並み極端な圧縮をされ、
大学に関しては場所にもよりますが
入学式が中止のところもあるようです。
 
兵庫県でもそれなりの数の罹患者がいらっしゃるので他人事ではありません。
 
生徒と話す限りでは
遊びに行ってきた、とか打ち上げしてきた、
平日の昼に家におってもしゃーないやん?
とか生徒から多く聞きます。
 
確かにそうかもしれませんが(笑)、
かかってしまうとそれこそヤバいので
危機感をもって過ごさないといけません。
 
 
今年度の卒業生は思い出としては
記憶に残りにくい3月になってしまったことだと思います。
 
あまりに特殊なケースなので、
今後もある意味では語り草になるかもしれませんね。
 
こんな状況下でも何かを楽しみながら過ごせるように
日頃から何事にも興味を抱いておきましょう!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

入試直前

個別指導の学習空間、加古川南教室・飾磨西教室の渡井です。

公立高校入試まであとわずかです。
本当にラストスパートですね。
不安や緊張を感じている人も多いのではないでしょうか。
入試は一発勝負ですし、落ち着かないですよね。

残りの時間で受験生がするべきことは同じです。
今まで通り、復習・演習を続けることです。

今から実力が大きく変わることはないかもしれませんが、最後の粘りは大切だと思います。
最後のがんばりが、一問でも多くの正解につながるかもしれません。
入試は一点の差で合格になることも、不合格になることもあります。
入試直前の追い込みで大変だと思いますが、少しでも点数をとれるように、あきらめずに勉強をすすめてください。

また、体調管理にも気を付けるようにしてください。
手洗い、うがいを徹底して、睡眠をしっかりとりましょう。

残りわずかですが、あきらめずに頑張ってください。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

今しかできない事

個別指導塾の学習空間、加古川平岡教室、家庭教師の山田です。

二月も終わりに近づき、春が来ようとしています。
皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。
寒い日が続き、家でゆっくりされている方も多いのではないでしょうか。

私は仕事から家に帰った後、また休みの日は必ずYouTubeを見ます。内容はすべてプロ野球。
大のオリックスファン。特に吉田 正尚選手の大ファンです。
今、どのチームもキャンプインして九州で練習・試合を行っています。
厳しい練習や楽しそうに野球をしている選手を見ると野球したいな、ソフトボールしたいなと常々感じます。

私は小学3年生から野球を習い始めました。その時の夢はもちろんプロ野球選手。
ただこの夢は実現できない。そう感じたのは小学4年生。すごく早かった、、、
今でも本当に野球が好きで、
もしあの時、最後まであきらめなければ・・・、何か変わったかも・・・
と後になって後悔したことは数えきれない程ありました。

これは受験と同じなのではないかと思います。あの時もっと勉強やっておけば、、、
後悔がないようにするには今、できることを全力でするしかありません。
勉強が嫌い、苦手な教科はしたくない。
そう思うかもしれないですが今しかできない事だとわかって欲しい。
受験生、最後まで頑張ってください!応援しています!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

撒き、巻き

個別指導塾の学習空間、明石西・稲美教室の馬場です。

2月は高校入試・大学入試と、受験の真っ只中ですね!この時期、特に受験生においては、一日一日を大事に過ごしてほしいものです。

さて、2月3日は節分の日でした。みなさんは、節分の日に何かされましたか?
豆撒きをしたり、恵方巻きを食べたり、といったところでしょうか。

豆を撒くのは、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰があること、語呂合わせで「魔目(まめ)」を鬼の目に投げつけて、鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけて、邪気を払い、一年の無病息災を願うという意味合いがあります。
また、かつては、豆の他に、米、麦、かちぐり、炭なども使用されていたそうです。

恵方巻きを食べるという風習は、古くから節分の日に、太巻きを食べる風習はあったものの、それが恵方巻きと呼ばれ、全国的に急速に広まったのは、2000年に入る数年前と、まだ歴史は浅いものでした。
また、「今年はどの方角を向いて恵方巻きを食べるの?」とスマホでも恵方を調べるためのアプリがあるくらい、頭を悩ませる恵方ですが、実は、十干(じっかん)という暦に基づいて決められており、恵方とされる方角は16方位中、4つの方角しかないそうです。
それは、

①北北西やや北  ②南南東やや南  ③西南西やや西  ④東北東やや東

この4つの方位だけです。
ちなみに、2021年は南南東やや南、2022年は北北西やや北、2023年は南南東やや南とのことです。毎年①~④のどれかになるんですね。
そうは言っても、どちらが北か分からなければ意味はないですが……(苦笑)。

冗談はさておき、受験生の皆さんには、合格という恵方(明るい方位)に進まれることを、願っています!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間