姫路市

もう2学期!

個別指導の学習空間、姫路今宿教室、広畑教室の大山です。

今年も早いもので、もう夏休みも終わり9月に入りましたね。
雨が多かったせいもあって、例年の酷暑を感じる日があまり多くなかった気がします。

9月から2学期ということで、全学年勝負の時期がやってきました。

毎年、2学期から難しい単元に入ることが多いのでここを乗り切れるとその後がかなり楽になります。

体育祭や文化祭などで学校行事も忙しく、なかなか大変な時期ですが頑張っていきましょう。

最近、朝、夕方以降は涼しくなってきて少しずつ秋を感じますね。

勉強にも集中できることでしょう!!
できるといいですね(^^)

ではまた!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

かき氷

個別指導塾の学習空間、学プラ・稲美教室の馬場です。

7月も中旬となり、昼夜問わず暑い日が続くようになってきました。先日は、朝から蝉が鳴いているのを聞いて、「夏だなぁ~」と感じ入った次第です。

さて、そんな暑い夏に欠かせない?ものが、アイスやかき氷かと思います。そこで、今回は「かき氷」にまつわるお話です。

「かき氷」という言葉は、「欠けた氷(かけごおり)」が由来で、冷蔵庫のない平安時代に氷室(ひむろ)という低温の場所で保管された、欠けた氷を使って作ったのが始まりとされています。※諸説あります。
当初は、「欠氷」と表記されていましたが、マイナスなイメージになることもあり、「欠」を使わずに「かき氷」と表記するようになりました。
また、かき氷は古くから暑さをしのぐための食べ物として食べられました。

平安時代、清少納言が書いた『枕草子』には、「削った氷に甘い蜜をかけたもの(=かき氷)」と書かれています。今日では氷は簡単に手に入りますが、平安時代は氷室を使い、手間暇をかけて作られた高価なもの。一部の上流階級者しか手に入れることができませんでした。氷が世間一般に知られるようになったのは、幕末から明治時代にかけてのことで、実業家の中川嘉兵衛が、天然氷の採氷、製造をビジネスにつなげて、函館の五稜郭で製氷に成功したことでした。その製氷された氷は、函館で作られたこともあり、「函館氷」と名づけられました。また、嘉兵衛は製氷する機械も提案していました。

この氷ビジネスにより、多くの製氷店ができ、それに伴い、かき氷を提供するお店も誕生することとなりました。かき氷の味はというと、戦前は、みぞれや金時が定番で、戦後の高度経済成長期になると、戦前からのメニューの他にもレモンやいちごといったものも登場しました。

暑い日にかき氷を食べる。そんなことができるのも、昔の人の努力の賜物ですね。
努力は決して裏切りません!
この夏、みなさんはどんなことに努力されますか?

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

もうすぐ夏休み

個別指導塾の学習空間、広畑教室・加古川南教室の久保です!

今の時期はちょうど期末テストの時期です。
もうテストが終わった人も、これからの人もいると思います。
(これからの人は頑張って!)

期末テストが終わると夏休みまであと少しですね。
夏休み中は部活やら勉強やらで忙しくなると思います。

その夏休み中に是非ともやってほしいことがあります。
それはオープンハイスクール・オープンキャンパスに行くこと。
特に受験生の生徒さんはこの夏のうちにいろいろな学校を見てきて、自分の志望校や将来について考えてみてほしいです。

また高校1・2年生の生徒さんでもオープンキャンパスに行って大学ってどんな感じかを体験してみて下さい。
大学進学を考える場合、早いうちに志望校や学部・学科を決めた方が良いです。
高校3年生になってから特に大学に行きたい理由もなく周りが行くからとりあえず自分も大学に行くという人を時々見ますが、
まず成績が上向きになることは無いですし、理由もなく惰性だけで大学に行ったところでその先続かないです。

高校1年・2年の生徒さんは今のうちから将来の進路について自分でしっかりと考えてください。
早い段階で志望校等が決まるとその目標に向けてのスタートが早く切れます。
手始めにこの夏休みを利用してオープンキャンパスに行ってみたり、大学の資料請求等をしてみて下さい。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

梅雨

個別指導塾の学習空間 加古川南教室・飾磨西教室の渡井です。

梅雨入りしました。
だんだんと暑くなってきて、夏が近づいてきていると日々感じています。
この時期は気温と湿気が高くなり、体調を崩しやすくなるので、しっかりと体調管理をしていきたいです。

ただ現在のところ、睡眠不足、運動不足が続いてしまっています。
生活リズムを整えて、元気に過ごしたいものです。

さて、期末テストが近づいてきました。

中学1年生は、はじめて全教科のテストを受けるので、多くて大変だと感じているのではないかと思います。
基本的に前回のテストと同じようにまず課題やワークをすすめてください。
教科数が多いので、ペースをはやくして、テストにしっかりと間に合うように頑張ってください。

また中学3年生は、受験でいい結果となるように全教科の勉強を頑張ってください。
忙しくて大変だと思いますが、来年度、希望の進路にすすめられるように、残りの期間を有意義なものにしてください。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

水族館

個別指導の学習空間、学プラ・稲美教室の馬場です。

今年は例年にない早さで、梅雨入り宣言となりました。
湿気による暑さを感じたり、先日は大雨が降ったりと、あまり好きではない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、今年もコロナの緊急事態宣言であまり外出もできず、憂鬱な日々をお過ごしではないでしょうか。

私も、昨年から行こう行こうと思い、結局行くことができていない場所があります。
それは水族館です。夏に行けば涼しいですし、何より魚に限らず、優雅に泳ぐ姿を見ていると和みます。(笑)
今回はそんな水族館についてのお話です。

水族館の起源は、1665年にサミュエル・ピープスによるパラダイスフィッシュ(タイワンキンギョ)の飼育紹介や1718年のルイ・ルナールによる『魚、エビ、カニの色彩図鑑』の出版などに喚起されて、17世紀のヨーロッパに起こった熱帯魚ブームだと言われています。最初はホーム・アクアリウムの流れとして、魚を健康的に飼育する方法の研究という科学的な視点や、魚の絵を描くためという芸術的な視点での需要がありました。また、このブームに伴って、水槽設備の開発も進み、その開発に携わり、アクアリウムの名付け親でもある海洋生物の画集を出版したフィリップ・ヘンリー・ゴスや水槽の水の循環装置を開発したウィリアム・アルフォード・ロイドが現れる中、1830年に博物学者のド・モリンズはフランスのボルドーにおいて世界初の水族館の一つに、水槽に魚や貝を入れて展示することを行ったのです。

ただ癒されるなという思いで観るのではなく、やはり、「なぜ、それが作られたのか?」ということを考えてから改めて観る、それを安心してできるような世の中になって欲しいなと、ただただ願うばかりです。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

新学期

個別指導塾の学習空間 加古川南・飾磨西教室の渡井です。

春です。暖かい日が多くなってきました。
とても過ごしやすくなり、うれしい限りです。
ただ、まだ時々寒い日もあるので、体調を崩さないように気を付けていきたいです。

さて、新学期となり、授業も始まってきました。

新入生のみなさんは疲れがたまってきているかもしれません。
新しい環境になれることだけでもとても大変だと思います。
はやく落ち着いてのんびり過ごせるようになるといいですね。

また、中学3年生は受験の年です。
定期試験も受験に直接かかわってきます。
1学期から気を抜けなくて大変です。

ただ、こつこつと継続して学習をすすめていくしかありません。
来年の今頃、希望通りの進路にすすめられるように、大変ですががんばって勉強に励んでください。

コロナがなかなか収束せず大変な時期が続きますが、あまりマイナスなことばかり考えずに過ごせたらいいなと思います。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

サクラ咲く

個別指導塾の学習空間、姫路今宿教室、広畑教室の大山です。

気が付けば、入試も終わって少しずつ気温も上がり、もう3月の下旬です。

新しい学年になられる生徒様や、新しい学校に入学する生徒様、さまざまであると思います。

特に入試を乗り越え新しい学校が決まった生徒様、楽しい生活が送れるようにお祈りしております。

志望校に通える子も、そうでない子も入試に向けて努力したことは今後必ず生きてきます。

また新しい場所で活躍してくださいね!

そしてこれから、入試を迎える生徒様は1学期が勝負です。

まだ入試本番は先のお話ですが、入試本番に必要な内申点(通知表)は1学期の分も評価の対象になっています。

部活動などもあって大変だとは思いますが、みんな状況は同じです。

1学期から通知表の評価を意識しないといけない!というのを知っているだけでも一歩リードだと思います!

今から、少しずつ努力を積み重ねていきましょうね。

それでは、また!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

あと5日

個別指導塾の学習空間、広畑・加古川南教室の久保です!

2月に公立高校の推薦入試の発表があり、うちの教室の生徒は無事全員合格していて胸をなでおろしたところでしたが、あっという間に次は一般入試です。
あと5日です。

毎年この時期に花粉症で苦しんでいる人もいると思いますが、受験生の人はそれだけでなく緊張しすぎて体調を崩してしまうこともあります。
あと5日しかないので緊張するのは仕方ありません。誰でも緊張するものです。
ただ少しでも体調に異変を感じたらしっかり休息し本番に備えましょう。
普段頑張っている人もあまり無理をしないように過ごしましょう。
今一番大事なのは入試本番をベストコンディションの状態で受験することです。
普段と変わらない状態で挑めば、今までの努力が発揮できるはずです。

もう1週間もないですが最後まで頑張ってください!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

3月

個別指導塾の学習空間、加古川南・飾磨西教室の渡井です。

もう2月が終わります。
暖かい日が多くなってきて、少しずつ過ごしやすくなってきました。
とはいえ、不要な外出が出来ないので、実際は多くの時間を家の中で過ごしています。
休みの日に、特に目的もなく本や動画で時間を使うのはとても楽しいです。
歳をとってきたので、身体を休める時間をとても大切に感じています。
バランス良く過ごしたいです。

さて、中学三年生はいよいよ公立高校入試が近づいてきました。
受験勉強の本当に最後の時期です。
倍率が発表されて、色々と不安に感じている方が多いのではないでしょうか。
不安な気持ちはよく分かります。
ただ、残りの期間することは今までと変わりません。
問題を解いて、しっかりと復習を続けることです。
出来ることを頑張って、あとは本番でその力が出せるといいですね。
そして無事に結果が出ると嬉しいです。

残りの期間、出来ることをすすめましょう。
頑張ってください。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

the song of ancients

個別指導塾の学習空間 姫路今宿教室 広畑教室の大山です。

早いもので、今年に入ってからもう一か月が経とうとしています。

受験生は一番頑張らなければならない時期に来ているかと思います。

学習空間でも明日から公立高校入試直前講習がはじまります。

この講習では1日で5教科の模試を実施、その場で各講師が採点をさせて頂き志望校の判定付きでお返しさせて頂くというものです。
返却後、間違いの多かった単元を見直し、翌週以降のカリキュラムに活かしていきます。

この講習で直前期に5教科の合計点数を引き上げることが可能です!!

最後までやり切りましょう!

入試まで我々も全力でサポートさせて頂きます。

学習空間の生徒全員が合格しますように!!

ではまた。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間