今宿

たまには息抜きも

個別指導の学習空間、姫路今宿教室、広畑教室の大山です。

気が付けば2019年も11月になり、残り二か月ほどで新たな年を迎えますね。
いやー、本当に早い。まさに光陰矢の如しです。

先日、姫路市内のほとんどの中学校で2学期の中間テストが終了し、次は期末テストが待っているかと思います。
特に中学生は全学年、2学期に難しい内容を習う傾向にあるため、ここを乗り切れるかどうかは非常に大事になってきます。

しかし、中間テストが終わってすぐに期末テスト。。。
中間テストと期末テストの間は短いので仕方ないのですが、ずっと気持ちを引き締めたままでは、さすがにもたないかもしれません。

ですので、題名の通り、たまには休憩が必要ですね。

そんな中、本日、学習空間の校外学習会としてUSJに行ってきました。
たくさんの生徒が参加してくれました!

本当にありがとうございます。

みんなとてもいい顔をしているのを見て、私も一緒に来れてよかったと心から感じた1日でした。
楽しめたと思いますが、とても疲れたと思います。
明日は振替休日ですね。
ゆっくり休んで、疲れを取ってください。

また元気な姿で塾に来てくれるのを待っています。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

秋晴れ!?

個別指導塾の学習空間、姫路今宿教室、広畑教室の大山です。

2学期に入り若干涼しくなったかと思いきや、また夏の暑さに逆戻りですね。。。
来週からはようやく涼しくなるそうですよ。

姫路市内の中学校では9月21日に体育大会のところが多いかと思います。
秋晴れの心地よい天候の中、楽しい体育大会になるといいですね!

さて勉強面ですが、夏休みも終わりゆっくりと時間を取って勉強できる
ボーナスタイムは終わりました。

特に受験生!
特に高校生に関しては冬休みの一か月後にはセンター試験が、また推薦入試を
受ける生徒に関しては2学期中に入試がある生徒もいるかと思います。

1日の勉強時間をしっかり確保しよう。

また中学3年生に関しては、2学期の中間・期末試験が本番の入試並みに大切だと
言っても過言ではないかもしれません。

みなさんもご存じの通り、
兵庫県の高校公立入試では通知表の数字が非常に重要になるからです。

楽しいか辛いかは人によるかと思いますが、メリハリをしっかりつけて頑張りましょう。

他の学年に関しても、2学期は1学期と比べて内容が難しくなる教科が多いです。

ここを乗り越えてよい成績をキープしましょう!!

では、このあたりで。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

P5R

個別指導塾の学習空間 広畑教室、姫路今宿教室の大山です。

夏休みに入って早2週間が経過しました。
学習空間の夏期講習も前期が終了!
折り返し地点ですね。

後半の8日間も内容の詰まったものになっているので、
しっかり勉強して2学期に備えましょう。

特に中学3年生は今までの総復習をしていきましょう。
7月にさぼってしまった子はまだ一か月あります。
8月で頑張りましょう!

夏休みほど時間も確保でき総復習ができるタイミングは他にありません。

2学期以降はじっくり復習する時間がないので、この時期にできることをしっかりしていこう。

また高3生も同じです。
しっかり時間をかけて勉強できるのはこのタイミングしかありません。

賛否両論あるかもしれませんが、
個人的には最低でも1日12時間くらいは勉強して欲しいですね。

焦らず基礎固めをじっくりやっていこう。

無理に先に進もうとしても知識は定着しません。

夏休み残り1か月!!
熱中症等にはくれぐれもお気をつけて。
頑張っていきましょう。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

Group of 20

個別指導の学習空間、姫路今宿教室、広畑教室の大山です。

今年もあっという間に、半年が経ちましたね。
毎年のことですが、早い早い。

そんな6月の末に大阪でG20サミットが開かれます。
G20とは日本を含む先進国や新興国が20集まって世界経済や
地球環境問題などについて話し合ったりする国際会議のようなものだそうです。

今回はサミットについてザックリと書いてみたいと思います。

G20が日本で開催されるのは初めてだそうです。
会場は大阪市内にあるインテックス大阪という国際会議場になります。

G20の関係で大阪市内の小中学校はG20の期間お休みになるそうですよ。
うらやましいですね。笑
道路などもいろいろなところで通行止めになり、テロ対策などでJRや地下鉄の駅
からごみ箱を撤去したりと物々しい雰囲気になっているそうです。

そこまですんのかよって思うと思いますが、
20か国のお偉いさん、G20の関係者は全部で3万人も日本に来るそうです。

ものすごい規模ですね・・・

3万人も来日し、ホテルに泊まってご飯を食べたり、
また厳重な警備のため国内の警察官が大阪に来たりなどで、
大阪市内は360億円ほど儲かるそうです。

サミットすばらしいですね。

日本での開催なので、日本が議長国となり首相である安部さんが司会を務めるそうです。

とんでもないお仕事ですね。

これから、ニュース番組でも必ず取り上げられると思います。

普段は全く意識しませんが、すぐ近くで大きな世界的催しが行われているので
興味を持って注目してみてくださいね。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

雨に唄えば

個別指導の学習空間 姫路今宿、姫路灘教室の荻野です。

今週から6月になりました。
6月と言えば梅雨ですが、今年は例年よりも梅雨入りが遅いそうですね。
6月の中頃から終わり頃にかけて梅雨入りするそうです。
瀬戸内海のあたりは降雨量が少ないと学校の社会で習いますが、それでもやっぱり梅雨になると雨の日が目立ちますね…
去年も連日雨が続いていたような気がします。

雨が続くと傘を差して出歩くのも面倒になりますよね。
傘を差していても濡れるし…。そもそも傘が邪魔だし…。
日本人は雨が降ったら必ず傘を差しますが、外国に行くとそんなこともないようです。
濡れながら歩きます。雨の中を。
傘を差さない理由は国によっていろいろあるそうですが、私が行っていたオーストラリアでは「雨が降ってもすぐに止むから」といった理由で傘を持ち歩かないそうです。
というかまず、どこに行っても売っていません。
雨の中、傘を探して歩き回ったのをよく覚えています。笑

雨が降る中、濡れながら歩く金髪の外国人は非常に絵になりますね。
カッコイイ…
濡れる外国人に憧れて雨が降っても傘を持ち歩かないようになりました。
というか、みんな持ってないから自然と自分も傘を差さないようになりましたね。

日本に帰ってきてみると、雨が降る街の中、傘を差さずに濡れながら歩いているのは僕だけでした。
変な人やぁ…
日本に来た外国人も、みんな傘を差しているからという理由で傘を持ち歩くようになるそうです。

郷に入っては郷に従えという言葉がありますが、他人にどのように見られるか意識するのは大事ですよね。
自分の個性を出していくことももちろん大切ですが、集団の中で生活している以上、周りに気を遣うことは大切だと思います。
まあ、だからといって皆さんが外国に行った時わざわざ傘を持ち歩かない必要はないですよ。笑
風邪を引いちゃいますからね。笑

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

令和元年生まれ

個別指導塾の学習空間、姫路今宿教室、広畑教室の大山です。

ゴールデンウィークの10連休も明け、ついに時代は新元号へ。
令和初の〇〇、なんて言葉が世間をにぎわせていますね。

「生まれて10数年たったけど初めて元号が変わった」と言っている生徒がいましたが、
先生も初めてです。笑

令和時代はどんな時代になるんでしょう!?
新しい時代に生まれてくる子たちがどのような時代を過ごしていくのか、
塾の先生という立場で見てみたいと思っています。

また10連休後、教室では休みボケで頭と体の回転が鈍いと言っている生徒が何人かいました。
今週1週間でいつものリズムが取り戻せたでしょうか?

人間数日休むと、元の状態に戻すまでにかなりに時間がかかってしまいますから、
規則正しい生活をして早く元の状態に戻しましょう。

みなさんも知っているように、定期試験はすぐそこに迫っています。

令和初の定期試験でよい結果を残せるよう頑張っていきましょう!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

建国記念の日

個別指導の学習空間、姫路今宿、広畑教室の大山です。

少し前のお話になりますが、2月の祝日として建国記念の日があります。

あまり気にしたことはありませんでしたが、「建国記念日」ではなく
「建国記念の日」というのが正しい名称だそうです。

受験については他の先生方が書いておられますので、少し「建国記念の日」
について書いてみたいと思います。
所説あるそうなので、ひとつの説として読んでみてくださいね。

我が国、日本は明確な建国の日がありません。
えっ、無いんかいって感じですよね!?笑

海外では他国からの支配や王制を倒した日などが独立記念日という形で祝日なっています。

アメリカでは1776年7月4日、独立戦争の勝利日。
ドイツでは1990年10月3日、東西ドイツ統一の日。

フランスでもフランス革命記念日が独立記念日(建国記念日)とされているそうです。

ですが、日本は他国に占領されていたり、また王制が倒されたという歴史的事実がありません。

じゃあ、「建国記念の日」の2月11日はどこから来たのか・・・

お話は1300年前にさかのぼります。

1300年前の西暦700年頃、当時日本を治めていた天武天皇の命令で、
今までの日本の歴史や建国についてまとめた「古事記」・「日本書紀」が作成されます。

しかし、
大昔の歴史書がさらに昔の日本建国について書いてあるので、
ホントかどうかは不明な点が多く、
また結局、いつ、誰が建国したのかという歴史的事実が明確には書かれていません。

その中で日本の初代天皇とされる神武天皇について書かれてあり、
その即位日は昔の暦で紀元前660年1月1日、
現在使われている暦に日付を直すと2月11日にあたるそうです。

そこで初代天皇である神武天皇の即位日を「建国記念 ” の ” 日」としようと決めたそうです。

ダラダラ書きましたが、個人的にへ~と思ったので書いてみました。

皆さんも、日本の建国について少し知っていてもよいかもしれませんよ!?

それではこの辺りで。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

2月22日は猫の日だそうです

個別指導の学習空間、姫路今宿、姫路灘教室の荻野です。

年が明けて、早いものでもう1か月が経ちましたね。
ここ最近は少しずつ温かくなってきているかなと感じていたのですが、東京ではこの冬1番の寒波が訪れたらしく、
やはり、冬が明けるまではもうしばらく時間がかかりそうですね。

「1年で2月が1番寒い月」と耳にすることがありますが、
それは2月の寒暖差が原因で言われているそうです。
2月はものすごく寒くなる日もあれば、春みたいに暖かくなる日もありますよね。
だから、体感的には「2月がいちばん寒く感じやすい月」になるということだそうです。

急激な温度の変化は、体調を崩す原因になります。
他の先生方も書かれていらっしゃいますが、
今年はインフルエンザが猛威を奮っていますね。。。
私が担当している教室でも、学年閉鎖にまでなった学校がありました。
もう下火になってきているとは思いますが、まだまだ気を付けていく必要がありそうです。

毎年インフルエンザが流行するのにはいくつか理由があるそうです。
普通、ウイルスに対するワクチンを1度接種すると、一生そのウイルスに侵されることはなくなります。
ですが、インフルエンザウイルスは100種類以上の型があり、その年によって違う型のインフルエンザが流行しているそうです。
そのため、その年その年のウイルスにあったワクチンを、毎年摂取しに行かなければならないのです。
またインフルエンザウイルスは他のウイルスに比べ変異するスピードが速いため、
抗体を作るスピードが追い付かないのも原因の1つだそうです。

難しい話になりましたが、それだけインフルエンザはかかりやすく、予防するのも難しい病気ということです。
予防接種さえ受けていればインフルエンザにかかりにくくなり、かかったとしても軽い症状ですむそうです。
また、たくさんの人が予防接種を受けることで、間接的に流行を抑えることができます。
集団免疫と言って、例えば40人のクラスで30人が予防接種を受けると、
残りの10人がインフルエンザにかかるリスクは減ることになります。
予防接種は自分の身を守るだけでなく、周りの誰かも間接的に守っているということですね。

ちなみに私は今年、予防接種を受けていません。。。
生きてきてインフルエンザにかかったことがないので必要ないと思っていましたが、
知らず知らずのうちに、予防接種を受けた周りの人たちに助けられてたのかもしれませんね。
来年は私も周りの誰かを守るために、予防接種を受けてみようと思います。笑

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

ゆく年くる年

個別指導の学習空間、姫路今宿、姫路灘教室の荻野です。

今日の日付が12月29日。
2018年も残すところあと2日となりました。

2018年も色々なことがありましたね。
毎年京都の清水寺で行われている今年の漢字ですが、
2018年は「災」という字が選ばれたそうですね。
大阪で大きな地震があった直後に北海道でも地震があったり、
広島県を中心とした西日本で記録的な豪雨があったのも記憶に新しいです。

痛ましい出来事が多かった1年ですが、今年の初めに行われた平昌五輪では
日本が過去最多の13個のメダルを獲得したりと明るい話題もありました。
2019年は1つでも多くの明るい話題で溢れる1年になればいいですね。

年の瀬になるとついつい今年の出来事を振り返りがちになってしまいます。
私がオーストラリアにいた頃の年の瀬は日本とは真逆で、
特に大晦日は町中がお祭り騒ぎの大盛り上がりでした。
年が変わった瞬間に10万発の花火が打ちあがるのですが、
世界的にも有名なため、とても多くの人が打ち上げ会場に集まっていました。

年が明けるのを待っている間は、今年の出来事を振り返る暇もなく、
早く年が明けてほしい、早く花火が上がってほしいと思っていたのを覚えています。笑
新しい1年が晴れやかにスタートすることを待ちわびるような、そんな年越しでした。

ゆく年を惜しむのもいいですが、くる年を心待ちにするような、そんな年越しにしたいと思います。

冬の訪れ、迫る受験

個別指導塾の学習空間、姫路今宿教室・広畑教室の大山です。

12月に入り、今週末からようやく本格的に寒くなってきました。
本日の明石市、加古川市、姫路市の予想最高気温はいずれも今シーズン初の一桁になっています。

日ごろから体調管理にはくれぐれも気をつけましょう!
それも立派な受験対策ですよ。風邪は受験生の最大の敵ですからね。

さて、冬の訪れと共に受験も目の前に迫ってきました。
高校3年生は約1か月後にセンター試験が、中学3年生も約1か月半~2か月ほどで私立の入試です。

特に高校生はもう時間がありません。
焦っている生徒もいるかもしれません。

が、あきらめないでください。悲観しないでください。

きっとここまで、個々のカリキュラムをこなしながら一つ一つ積み重ねてきたはずです。

最後までそれをこなしてください。
特効薬はありません。
特別な裏技などもありません。

ただただ、毎日のカリキュラムをこなす、それだけです。
最後まで走りぬいてください。

困ったことがあったらすぐに相談してくださいね。

中学生3年生は冬期講習で兵庫県公立高校入試の過去問を解きます。

ついに実戦練習です。

公立高校入試まではまだ時間があります。

高校生と同じく、毎日毎日何か一つでも解けるようにする、理解する
ということに努めましょう。

もしまだ、受験モード・スイッチがオンになっていない生徒が仮に、仮にいたとしたら・・・

今すぐにスイッチを入れ全力で走り出してください。

手遅れになります。
一生後悔します。

2月、3月になってあの時やっていれば・・・

という状態になるのは目に見えています。

楽しい春、本当に暖かい春を迎えるために
走り続けてください。

それから、まだまだ先の話だと思っている他学年のみなさん。

光陰矢の如し、すぐに自分の番は来ます。

今のうちから少しでも理解できるように、一つでも多く解けるように。

その姿勢が未来の自分を助けます。

全生徒が合格しますように!

引き続きサポートします。
全力で!!