2019年 7月 の投稿一覧

8月のお休みについて

8月のお休みは毎週日曜日と
8/7 (水)リフレッシュ休暇
8/12(月)~8/16(金)(夏期休校)
8/17(土)(ポットラックBBQ)
となっております。

祭りの季節

個別指導の学習空間、加古川野口・稲美教室の吉田です。

夏休みが始まってから早くも1週間が経ちました。皆さんはどうお過ごしでしょうか?
運動部の皆さんは暑い中、部活動に励んでいることでしょう。受験生の皆さんは勉強に勤しんでいることでしょう。家族で旅行に行っている方もいるでしょう。

生徒からはよくお祭りに行くという話を聞きます。
私も最近はあまり行けていませんが、学生の頃はよく行っていました!
あのきれいな花火は何度見ても飽きが来ません。たまにイレギュラーで上がるニコチャンマークやハートがとても好きでした!たまにいびつな形をしたものもありましたが…笑

そしてなんといっても屋台の食べ物がおいしい!!なぜかお祭りというだけで、普段なら高く感じるものも気にせず買って食べてしまいます。笑
ちなみにりんご飴はよく買っていましたが一度も食べきったことはありません…。

皆さんもお祭りにいったら、ぜひ感想を聞かせて下さい!
もちろん勉強を忘れてはいけませんよ!!

夏のお盆が過ぎたらすぐに夏休み明けテストの2週間前を切っています!
今のうちから課題を早めに終わらせていきましょう!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

夏期講習!

個別指導の学習空間、明石西・明石魚住教室の小又です。

いよいよ夏休みが始まりましたね!
学校の授業から離れて、普段の生活ではなかなか
学べないことを学べる1か月になると思います。
部活に勉強ももちろんですが、何か新しいことを
始めてみてもいいかもしれませんね。

さて来週からは夏期講習が始まります!
特に中3生は受験に向けて1から復習できる最後のチャンスと思って取り組みましょう!
夏期講習と夜の指導も含めて合計6時間勉強する生徒がほとんどだと思いますが、一緒に乗り越えましょう!

自分自身もこの夏を機会に、
生徒を見習って何か新しいことに挑戦したいですね。
ここ最近は、連休もあり食べて食べて食べまくる日が続いたので、まずはダイエットですかね。。。泣

この夏休みをどう過ごすかは人それぞれだと思います。
受験生にとっては勝負の夏です。
意識を入れ替え、今まで以上に勉強に励んでいってもらいたいです。
1・2年生の人たちも遊びすぎず、
やらなければならないことはやった上で、
思う存分楽しみましょう。

過ごし方が人それぞれであれば、
充実のさせ方も人それぞれだと思います。
各々に合った、楽しい夏をお過ごしください。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

プレ夏休みについて

プレ夏休みのため
7/13(土)~ 7/18(木)
はお休みとなっております。

日曜補習の代休日につきましては、各教室にお問い合わせください。

世界遺産

個別指導塾の学習空間、飾磨西・加古川南教室の戸澤です!
国内最大の前方後円墳である大山古墳を含む、大阪府の「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」が、世界文化遺産として登録されることが決まりましたね。

中学生以上のみなさんは社会の授業で古墳について聞いたことがあると思いますが、せっかくなので古墳について簡単に説明します。

・古墳(こふん)とは

古墳とは日本で3~7世紀にかけて作られた大きなお墓のことです。
古墳は日本各地にあり、日本という国が統一された時期に出現しており、古墳は当時の権力者(大王等)の象徴ともなっています。
大きな古墳には装飾品、亡くなった権力者の殉死者の役割をする埴輪(はにわ)などが収められ、権力の大きさが古墳の規模の大きさに比例していると考えられています。
日本では、兵庫県、千葉県、鳥取県、福岡県、京都府に多く古墳があり、全国の総数で160,000基を超えると言われています。

・世界遺産に

昨日、7月6日に開かれたユネスコの世界遺産委員会で大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」が新たに世界文化遺産として登録されることが決定しました。
「百舌鳥・古市古墳群」は、大阪府の堺市と、羽曳野市、藤井寺市にまたがる、4世紀後半から5世紀後半ごろに造られた、合わせて49基の古墳からなります。
その中には「仁徳天皇陵」として有名な、「大山古墳」とも呼ばれる国内最大の前方後円墳も含まれています。
みなさんが教科書等で見たことがあるのは、この「仁徳天皇陵」ですね。

日本に世界遺産が増えることはとても喜ばしいことです。
2025年には大阪万博もありますし、また外国人の観光客も増えそうですね。
今回のニュースは2学期の定期試験の時事問題にも出されそうなので、しっかりと覚えておきたいですね。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

音読のススメ

個別指導塾の学習空間、広畑・加古川南教室の久保です!

少し前に広畑のある生徒さんからこんな話を聞きました。
「学校の国語の先生が教科書のCDを流しているだけで、意味わからん。」
『学校で音読したことある?』
「一度もない。」
今の学校はこんな感じなのか、、、と聞いていて恐ろしくなりました。

昔自分が学生のときはクラス全員一人ずつ当てられて教科書の本文を読んでいったものです。
自分で音読することによって、頭の中に文章が入ってくるし、漢字の読み方もその場で学校の先生に指摘されて覚えていったものです。

また別の教室でも
「英語の先生が教科書本文を一回しか読まない。」
と言っている生徒さんもいました。

英語も国語もそうですがある程度音読しないといけないです。
学校のテストはあくまで筆記だけ(リスニングもありますね、、、)ですが、言語系の科目は【読み】【書き】【話す】【聞く】ができることが一つの目標になっていると思います。

静かな塾の教室内で【話す】はなかなか難しいですが、家で親御さんや兄弟相手に音読してみることをおススメします。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間