ハロウィンの起源

個別指導塾の学習空間、明石西教室・稲美教室の馬場です。

10月31日はハロウィンでしたね。
みなさんは、ハロウィンと聞くと、仮装してパーティーしたり、お菓子をもらうことをイメージするのではないでしょうか。
また、ハロウィンの飾りつけにカボチャをくり抜いて作ったランタンを目にしたことがあるかもしれません。

本来、ハロウィンとは、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのことで、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でした。
ケルト人の一年の終わりは10月31日で、この夜は秋の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。
また、それと同時に出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために、カブをくり抜いた中にロウソクを立てた「ジャック・オー・ランタン」を作りました。
※諸説あります。

しかし、現代では、特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなりました。
また、私がみなさんくらいの頃には、今ほどのハロウィンでの賑わいはなかったように思いますが……。(苦笑)

さて、そんなお祭りも終わり、冬の足音が聞こえてくるような時季になりました。夜が長くなり、勉強?していると、ついつい夜更かしが過ぎることもあるかもしれませんが、風邪をひかないようにご注意くださいね!(笑)

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA