aとdの違いについて。

個別指導の学習空間、加古川野口、明石西教室の吉田です。

中間テストも終わり一段落ついたと思ったら、すぐに期末テストの時期がやってきました!
皆さんにとってすごく重要になってくるテストです。
特に中学三年生にとっては、受験の半分が決まると言っても過言ではありません!
もともと内申点は副教科の方が配点が大きいので、油断せずに今まで以上に頑張って下さい!

そして一年生にとっては初めての期末テストです。副教科が新しく入ってきて、悩んでいる方もいると思います。しかし、そっちに気を取られ過ぎて5教科が疎かになってはいけません!!
しっかり全教科準備していきましょう。

そして、個人的に特に注意して欲しいのは英語です!
中間テストでは高得点が取れた方もたくさんいるのではないでしょうか?
アルファベットや単語を書く問題が多かったので、点が取りやすい作りになっているのです。しかし期末テストでは、文法がたくさんはいってきます。
中間テストで良い点数が取れたからといって油断しないようにしましょう。

そして、アルファベットの書き方には注意が必要です!!
慣れてきたら字が崩れてきて、nとhなどの見分けがつかなくなってしまいます。

それ以外にも、aとd、uとnなどもあります。また、bとdも間違えて書いてしまうことが多いので注意が必要です!

私もよくaとdの見分けがつかないと言われました…。たしかに同じだ!って自分でも思いました(笑)

少しくらい一緒でもいいと私も思うときはありますが、ほかの人の目から見ても見分けがつくように意識して書きましょう!!!

最後になりますが、皆さん期末テスト頑張って下さい!私も全力で指導させていただきます!!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA