勉強もスポーツもリスク管理が大切

個別指導の学習空間 明石魚住・加古川平岡教室の奥藤です。

ゴールデンウィーク(GW)が終わってしまいましたね…。
そして終わったら目の前には中間テストが控えています(汗
追い打ちをかけるとその1ヶ月後には期末テストですよ(涙

このゴールデンウィークは趣味に没頭していました。
私の趣味といえばやっぱりシーカヤックですw

(和歌山県 湯浅湾にて)

GW前半では濃霧の中で出艇し、10m先が全く見えない中、方位磁針と防水ケース内の地図だけを頼りに漕ぐ経験をしました。
濃霧なら漕がなきゃいいといえば、返す言葉がございません(笑
しばらく漕いでいなかったため、フラストレーションが溜まっていたのです…

しかしながら、何の考えもなしに出艇したわけではありません。
事前にそのときの気温、湿度、霧が流れてくる方向、霧を抜けるまでの航行距離、潮の流れなど様々なことを頭に入れての決行でした。
もちろん安全に絶対は無いのですが、ある程度のリスク(危険)なら準備をしっかりと整えれば対処できてしまうのです。
その後、漕ぎ過ぎて筋肉痛になったのは想定外でしたが…。

これって何もスポーツだけの世界ではないですよね。
例えば、テスト前に修学旅行があって、旅行中は勉強なんてしたくない!でも点数は取りたいときとか。
この場合はテストで良い点を取るという目標の前に修学旅行という危険(リスク)があるわけですね。

テストまであと何日あって、何をやらなければいけないのか等を頭に入れて計画をしっかり立てられれば、良い点を取ることと修学旅行を楽しむことを両立することは可能です。
生徒の皆さんの中でも、普段勉強をしていて「本当に将来役立つのかな?」と考えることがあると思いますが、個人的には勉強の内容自体よりもこういったリスク管理をする能力を学生の間に身につけることに意味があるのではと思います。

どうせならリスクをきっちり管理して、その場だけの「楽さ」よりも大きな「楽しみ」を味わっていきましょうよ笑

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA