秋の風物詩

個別指導の学習空間、飾磨西・明石魚住教室の谷口です!

ここ最近では夜は冷え込んできて、金木犀の香りも漂い一気に秋らしい気候となりました。冬の到来ももうすぐです。
風邪が流行しそうな兆候があるので体調管理をしっかりとしていきましょう!
勉強も体が資本です。ヤバいと思ったら中断して休息をとりましょう。休むことも勉強の一環です。

さて、前回戸澤先生が姫路市のお祭りについて言及されていたので大学生活の4年間以外はずっと姫路在住の超地元民・谷口からそれについて少しだけ詳しく、また少しだけ小ネタも挟んで書いていきたいなと思います。

まず前回戸澤先生が書かれていた激しい祭りというのは「灘のけんかまつり」です。これはまさに字の通りで神輿と神輿とをぶつけ合う激しいものです。飾磨教室からそれほど遠くない白浜地区で行われており、県内では大変有名な祭りです。ちなみにこの祭り当日は周辺の学校は休みになります。

このけんかまつりをはじめ、10月頭に姫路市内の各地で一斉に祭りが催されます。これを「播州秋祭り」といい、この秋祭りを廻ってコンプリートすることが一部の人の中で流行っていたりします。

ちなみに以下の写真が私が長年住んでいる地区の秋祭りです。
%e7%94%b2%e3%80%80%e7%a5%ad%e3%82%8a
ちょうど今日はこの祭りの1日目の宵宮という日にあたります。地元は祭りムード一色です。そんな私も明日の本宮で、神輿を担いできます。実は4年ぶりなので今の時点からわくわくしています。
もしかしたら生徒や保護者の皆様もこういったお祭りに参加されるのかなあ、と思います。あまり羽目を外しすぎないようにしていきましょう(もちろん私もですが)。

最後になりましたが、10月はこのように祭りが多く、神様が出雲大社に還っておられるということから「神無月」と呼ばれるようになりました。

兵庫・加古川の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA