中間テストを終えて…

個別指導塾の学習空間、明石魚住/加古川平岡教室の奥藤です!!

私が勤務する明石魚住教室・加古川平岡教室では、今週水曜日をもって所属生徒の全中学校の中間テストが終了しました。
結果のすべてが返ってきたわけではありません。しかし、現時点ではどの子も概ね予想していた通りの結果になりました。誰よりも早く動き出した子は、予想通り大きく上げることができました。提出物を終わらせることだけで精いっぱいだった子はやはり、喜ばしい結果にはなりませんでした。

明暗を分けたポイントは、はっきりいってゴールデンウィーク明けからの学習量です。今回大きく点数を上げた子はGW前までは定着度も低い状態でした。ただ、普段からやるべきことをきっちりとこなしていたため、提出物は6~7割仕上がっており、GW明けは提出物+αのとこまでしっかり仕上げられていました。
一方で、やるべきことをやりきれていなかった子は提出物を終わらせることしかできていなく、当然+αなどやる余裕すらありませんでした。

普段どれだけ塾に通っていても、テスト範囲は広く、時間が経つにつれて学習した内容は脳の中でどんどん古くなっていきます。大事なのは2週間を切った時点でスイッチを切り替え、頭の情報をいち早く更新していくことです。

6月末にはもう期末テストです。良い結果を結び付けてください!!

兵庫・加古川の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA