ブログで日本一周 山形編

もう梅雨ですか、早いですね。

個別指導塾の学習空間 明石魚住・加古川平岡教室の中林です。

近畿圏のこの時期の梅雨入りは観測史上最速だそうです。
とは言っても雨が降ったり降らなかったりするのが梅雨。実際には9月の方が雨の日が多いそうです。
個人的にも体感では9月の方が多いイメージがあります。

では、今回も「ブログで日本一周」お届けしてまいります。
今回は山形県についてお話していきます。前回のブログで「次回で東北地方最後です」と書きましたが、間違いでした…

山形県は東西を奥羽山脈と朝日連峰に挟まれており、さらには出羽三山も内包している山だらけの県です。
山形という名に恥じぬ山っぷりですね。
県央には最上川が流れており、その周辺に住んでいる県民が多いことから「母なる川」とも呼ばれています。

さて、いつもであればこのまま山形県の観光名所の紹介を行うのですが、実は私は山形県で観光をしたことがありません。
というのも前職で営業担当になっていたものの山形県に担当店が多くなかったことやお店を回るルートがほぼ固定化されていたため、あまり寄り道をすることがなかったことなどの要因が重なり、観光をすることがなかったのです。
ということで今回は名所紹介はなしです、ごめんなさい。

とはいえ地の物は相変わらず食べていたので、食べ物の話はします。
「こいついつも食べ物の話してるな」ぐらいの気持ちで見てくれたら嬉しいです。

山形県と聞いて一番初めに思い浮かぶ食べ物といえば、やはりさくらんぼです。
山形県はさくらんぼの生産量で日本全国でダントツ1位で、桜桃(おうとう)とも呼ばれます。
日本で一般的に生産されているのは佐藤錦という品種で、こちらも山形県が発祥の地となります。
ぷりぷりな実と程よい甘酸っぱさが絶品で、何個でも食べれてしまうような果物です。
初夏の味覚とされるこの果物はちょうど今ぐらいからが旬となってきます。スーパーで見かけたらぜひお買い求めください。

続いてご紹介するのは、だだちゃ豆です。
だだちゃ豆とは枝豆の品種の一つで山形県の鶴岡市という場所でのみ栽培、収穫されています。
普通の枝豆に比べて少しこぶりで、さやの産毛が茶色くくすんでるように見えます。
独特の香りと濃厚な味はおつまみにしてもよし、おやつにしてもよし、料理の添え物にしてもよしの最高の枝豆です。
初めて山形を訪れた際に上司に食べさせてもらったのですが、この味に衝撃を受けて3袋ほど購入して帰りました(笑)

さて山形県の話をする上で欠かせないのは、芋煮です。
芋煮というのは文字通り芋の煮物で、里芋を肉や野菜などと一緒に鍋でぐつぐつと煮た料理です。
名前だけ見ると何の変哲もない料理に見えますが、山形県には「芋煮会」と呼ばれる行事があります。
この芋煮会は忘年会や新年会と並ぶ年間行事になっており、里芋の収穫時期である秋に開かれています。
河川敷などにグループで集まって芋煮を作って食べるという行事で、それぞれの家庭やグループでの材料、味付け、風味の違いを楽しむことができるというものです。
この時期になるとスーパーや地元の店には芋煮セットや鍋、ゴザなどが並ぶほどです。

また「日本一の芋煮会フェスティバル」というイベントがあり、そこでは直径6メートルの鍋で芋煮を作るというぶっ飛んだ催し物があります。
その鍋で人が手作業で芋煮を作っていくのですが、出来上がったあとのお玉の役割をするのがなんとショベルカーです。
もう一度言います。ショベルカーです。スケールが大きすぎてよくわからない方も多いと思うので、気になった方は「芋煮会 ショベルカー」で検索してみてください。頭の上に「!?」が浮かぶこと間違いなしです。

とまあ、こんな感じで美味しくて面白い行事、それが芋煮会です。

最後に私の山形県のご当地グルメで、一番好きなものを紹介します。
それは玉こんにゃくです。
文字通りの玉の形をしたこんにゃくで、どこにでもあるようなものに思うかもしれませんが、どうやらこの形は山形県特有のものだそうです。
醤油ベースの出汁で煮込んだこんにゃくは絶品です。これはお手軽ですし、スーパーにもちょこちょこ並んでいるのでぜひ見かけたら購入してみてください。

今回はこのあたりですかね。
食べ物の話だけでこんなに書いてしまった。。。山形県恐るべし。
それではまた次回。
次回こそ東北編ラストです・・・!!

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA