季節の変わり目

個別指導塾の学習空間、広畑、加古川南教室の久保です!

今年もコロナが流行っていますが、そろそろインフルエンザの季節です。
最近は待ちゆく人もほぼ全員マスクをしていて、各々が感染予防をしているのでそんなに流行らないかもしれませんが、対策はしておきたいものです。
今回は以前(今よりもっと寒い時期)にご紹介させて頂いたインフルエンザ予防の対策を再掲させて頂きます。

まずは朝起きた時に緑茶でうがいします。
昔誰かから聞いたのか、テレビで見たのか忘れましたが、喉が痛くなったらよくやります。
調べてみると緑茶に含まれるカテキンという成分が、予防に有効である可能性があるらしいです。
また、うがいでなく、毎日緑茶を飲むことが良いそうです。(そうだったのか…)

次に寝るときに暖房器具を使うのですが、喉を乾燥させないために枕元に少し濡らしたタオルをハンガーにかけてぶら下げています。
帰宅時間が深夜3時4時ということがよくあるので、冬の時期寝室が極寒になっています。
なので、暖房(エアコン)を入れるのですが、そのまま寝てしまうと喉に大ダメージを負ってしまいます。
そこで加湿のために、枕元に程よく濡らしたタオルをぶら下げています。
風邪などの予防に効果があるかは分かりませんが、これをすることで喉の痛みからは解放されました。

以上2点、参考になるかどうかわかりませんが、皆さんもしっかりと対策してこの時期を乗り越えていきましょう!
ではお元気で!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

2学期後半戦!!!

個別指導塾の学習空間 明石西教室、明石魚住教室の小又です。

最近いっきに寒くなりましたね!
風邪をひいている生徒も多いようです。これからはインフルエンザにも注意ですね…。
皆さん外に出た時は、手洗いうがいとしっかりとして予防していきましょうね!

特に受験生は体調崩している暇はありませんよ!
タイトルにも書かせていただきましたが、ほとんどの学校が中間テストが終わって、これから2学期の後半戦が始まります。実力テストや期末テストが11月に待っていますね!
今回成績が上手く伸びなかったあなたは必ず同じ失敗をしないように作戦を立てましょう!また、成績が上がったあなたも油断してはいけませんよ。実力テストは範囲が非常に広いです。期末テストは副教科もあります。
少し休んだら早めに次のテストに向けて準備していきましょうね!

誰にでも将来やりたいことの1つや2つありますよね?
それを叶えるためには残念ながら勉強は必要不可欠です。。。
逃げずに諦めずに後半戦一緒に頑張っていきましょうね!!!
全力で支えていきます!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

10月中旬

個別指導の学習空間、加古川南・飾磨西教室の渡井です。

10月の半ばになりました。
もう秋です。
まだ暑い日もありますが、涼しい日が多くなり過ごしやすくなってきたように思います。

さて、10月は中間テストの時期です。
これからテストの人は、まず提出物を終わらせてください。
そしてどんどん復習を続けてください。
しっかりと結果が出せるといいですね。

すでにテストが終わった人は、テスト結果を見直してみてください。
どのような問題が出題されたのか。
テスト前で学習したところはしっかり正解できたか。
次のテストでどう学習していったらいいか。
次回にいかせるようにしっかり見直しが出来るといいですね。

色々と忙しい時期で大変だと思いますが、体調に気を付けながらテスト勉強に励んでください。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

【兵庫エリア・各教室】学習空間模試の開催について

10月31日(日)、小学5年生から中学3年生を対象に学習空間模試を開催させて頂きます。
今の生徒様の学力を測るのに最適なテストでございます。

お申込みは10月18日(月)までとなっております。
まだ間に合いますので、ご希望の場合は各教室の講師にご連絡ください。

ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

モンティ・ホール問題

個別指導塾の学習空間、姫路今宿・姫路灘教室の今井です!

今回初めてブログを書かせていただきます。せっかく書くからには何かテーマを持って継続したいと思い、色々と考えた結果「テストの役には立たないけど面白い話」を紹介していこうと思います!

「自販機のボタンを同時押ししたら左側が優先される」とかではないですよ?笑
出来るだけ5教科(国数英理社)に関係したものを紹介します。

今回は、「モンティ・ホール問題」です。かなり有名なお話ですね。

①あなたの目の前に中が見えない3つの箱があります。1つは景品が入っており、2つは空箱です。
②あなたは1つ箱を選びます。その後私が、選ばれなかった残り2箱から空箱を1つ開きます。
③ここであなたには、最初に選んだ箱をそのままキープするか、残った1箱に変更するかのチャンスがあります。
④どちらかの選択をした後、あなたが選んだ箱に景品が入っていれば景品獲得です。

さぁ、あなたならどうしますか?変えますか?変えませんか?決まったら読み進めてください。

結論から言いますと、「変える方が当たりやすい」ということになります。
「③の段階で2箱残っていて、当たりとハズレ1つずつで変えるか、変えないか」だから確率は2分の1だ、変わらない、というのが直感的ではないでしょうか。

変える方が当たりやすい!と気づいた方もいらっしゃるかと思います。もし変えた時の当たる確率、変えなかった時の当たる確率まで計算できていたのであれば、あなたには数学の才能があるでしょう!

もしあなたが「変えない」選択をした場合、当たる確率は当然3分の1(33%)です。最初に3つから選びましたからね。では「変える」選択をする場合はどうでしょうか。答えは3分の2(67%)です。2分の1ではありません。

「変える選択をする場合」最初に空箱を選ぶと、私が空箱を開けた後必ず景品が目の前に残ります。そこで選ぶ箱を変えると必ず景品獲得です。ということは「最初に空箱を選ぶ確率=当たる確率」なので3分の2になります。お得ですね。

こういった直感と事実が反することを「パラドックス」といいます。興味を持たれた方はぜひ検索してみてください。面白い記事がたくさん出てきます。

ということで、今回は中2数学の冬に習う「確率」と絡めてお話をさせていただきました。
いつかネタ切れになること必至ですが、出来るだけ多くのお話を紹介していこうと思います!
ありがとうございました!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

答えを見る、ことはダメなこと?

皆さん、こんにちは。
学習空間 姫路灘・飾磨西教室の大野です。

前回のブログを書いたのは夏の前、梅雨のジメジメした時期だったように思います。
この文面を考えている今は夜が半袖ではとてもいられないくらい涼しくなってまいりました。

さて、最近はありがたいことにたくさんの問い合わせをいただいております。
その多くが「中学校で提出物すら出せなくて…」というお悩みをよく伺います。
中学校の提出物はもちろん学校にもよりますが、非常に大きな部分です。
中間で5教科、期末で9教科の提出物を管理し、期限を逆算して仕上げていくことは非常に大変です。
しかし、それゆえに提出物の加点は、学期の通知表でとても大きいです。
具体的には通知表の数字の1.5ほどに相当します。

ではここで、提出物の採点ランキングを僭越ながら発表させていただきます。

1位 提出期限に間に合っている。
2位 内容が全て埋まっておる(赤でも構わない)
3位 コメントや途中式などが書いている

これらを埋めるうえで最も便利なものが「解答解説」です。
もちろん、答えを写す作業になってしまうのを懸念し答えを預かる教育方針があると思います。

しかし、考えてみると
答えを丸写しするこどもが、答えを隠したら真面目に行うのか
結果としては
答えがあれば提出できていたものが提出できなくなってしまう
んです…

この部分の解決策としては
課題をスタートするタイミングを1週間早める、ことが重要です。
答えを写すのはギリギリだから作業になる、ギリギリじゃなければ暗記などの時間も確保できます。

答えに頼り切りはもちろんいけませんが、答えを利用することは非常に重要です。
しかし、それを管理することが難しい。

そういった管理に力を入れていくのが学習空間です。
もしご興味があればHPにお問い合わせください。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

ブログで日本一周 茨城編

日が沈む時間が早くなってきましたね。

個別指導塾の学習空間 明石魚住・加古川平岡教室の中林です。

日中はまだ少し暑いときもありますが、かなり過ごしやすい季節になってきました。
季節の変わり目ですので皆さん体調を崩さないように気を付けて下さいね。

さて今回から「ブログで日本一周」関東編のスタートです!
関東編一発目は茨城県です!

なんとこの茨城県、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが2年前の都道府県別魅力度ランキング調査で7年連続最下位になっていました。
そして去年の調査でようやく最下位を脱出し、42位まで浮上しています。
そんな茨城県ですがまったくもって何もない県というわけではございません。

茨城県は大和政権時代に「大国」と呼ばれ、奈良時代に編纂された常陸国風土記では「常世の国」と呼ばれ、多くの人が豊かに暮らしていたと言われてました。
その豊かさは現代の記録としても示されており、2010年度の統計では農業産出額は北海道に次ぐ第2位となっています。
またメロン、くり、れんこんの収穫量が全国1位となっており、その他にも納豆、ビールの生産量が全国1位となっています。

このように目立たない部分ではあるかもしれませんが、農産物、食品系ではかなり豊かな県となっています。

続いてはいつもの観光名所のコーナー(?)。

まず1つ目は、偕楽園です。
偕楽園は岡山県の後楽園、石川県の兼六園に並んで日本三名園の1つに数えられています。
何といっても見どころは春先の梅林。本園部分だけで100種類、3000本もの梅が植えられており、夜にはライトアップもされます。
2006年から行われている夜梅祭ではキャンドルライトがおかれ、最終日には花火も打ち上げられる大きなイベントになっています。
他にも4月には桜、5月にはつつじも見ごろとなり、それぞれ「水戸のさくらまつり」「水戸のつつじまつり」といったイベントが開かれています。

2つ目は鹿島神宮です。
古文書では紀元前660年に創建されたと伝えられており、時代としては日本神話の神武天皇の生きていた時代とされています。
兵庫の高砂市に鹿島神社という神社がありますが、その総本社となっています。
武の神様である武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)が祭られ、古くから皇室や藤原氏、武士からの厚い信仰を受けていました。
12年に1度開催される御船祭は神輿が鹿島神宮を出発し、大船津で御座船に載せられて香取市の加藤州で御迎祭を受けた後にまた同じ水路で戻っていくという水上祭になっています。
私も何度か足を運んだことがあるのですが、まだ御船祭は見たことがなく、一度は見てみたいと思っています。

その他にも、立像の高さが世界6位の牛久大仏や日本で2番目に大きい霞ヶ浦などがありますが、全部書いていくと終わりが来ないので今回は2つに留めておきます。

そしていつもならこの後にご当地グルメをご紹介していくのですが、先に食べ物の話をしてしまったのでこちらも今回は書きません。
食べ物の話しかしないブログになってしまうので。。。

いつもより少し短めではありますが、今回はこの辺で!
また次回お会いしましょう!

さつまいも

個別指導塾の学習空間、学プラ・稲美教室の馬場です。

気づけば9月も半ばとなり、まだ昼間は暑い日があるものの、夜は秋らしい涼しい日が続くようになりました。
いつの間にか、セミからトンボに変わっているのも納得できる季節ですね。

さて、今回はそんな秋に欠かせない食べ物、さつまいもについて書こうと思います。
小学生の頃は、校外学習で芋ほりをしたり、アルミホイルで包んださつまいもを、焚火の中に入れて焼いて食べたことを思い出します。
また、最近では、スーパーでも焼き芋が売っているのを見かけると、ついつい買ってしまいます。(苦笑)甘くて、ホクホクしていて、食べると幸せな気分になりますね。(笑)

さつまいもは和名をサツマイモ(薩摩芋)またはカンショ(甘藷)と言いヒルガオ科サツマイモ属の植物です。
名前の由来は、琉球王国(現在の沖縄県)を経て、薩摩国(現在の鹿児島県)に伝わり、そこでよく栽培されていたためとされています。
また、その広まりは、下見吉十郎(あさみ きちじゅうろう)が江戸時代に大三島などの瀬戸内海の島々へさつまいもを広め、その後に起こった享保の大飢饉の際に、さつまいもによって大三島では餓死者を出すことなく乗り切ったことを受けて、その有用性に気づいた江戸幕府が青木昆陽に命じて日本各地で栽培を開始させたとされています。
※諸説あります。

何となく美味しいと思って食べているものも、こうやって調べてみると、その広まりの歴史には色々な思いがあることが感じられますね。
これからは段々夜の時間が長くなります。秋の夜長に、テスト前は勉強して、そうでない時は、物思いにふけってみるのはどうでしょうか?(笑)

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

学習空間模試の開催について

10月31日(日)、小学5年生から中学3年生を対象に学習空間模試を開催させて頂きます。
今の生徒様の学力を測るのに最適なテストでございます。

お申込みは10月18日(月)までとなっております。

ご希望の場合は各教室の講師にご連絡ください。

ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。